【解禁】和田雅成、堤幸彦監督の映画『ゲネプロ★7』に出演決定!ハムレットを演じる向上心溢れる劇団の新リーダー役で登場、コメントUP!主演に三浦海里

日本映画、ドラマ界を牽引し、近年も『SPEC』シリーズ、『十二人の死にたい子どもたち』、『ARASHI Anniversary Tour 5×20 FILM “Record of Memories”』と、様々な革新的作風で常に世間を驚かせ続ける鬼才・堤幸彦監督が、映画を新たな次元に進化させた映画『ゲネプロ★7』。その追加キャストに和田雅成さんの出演が決定しました。
和田雅成さん
今作は、前人未踏の舞台に挑む7人の制作発表からゲネプロ(=最終リハ―サル)までの13日間を描く新感覚ミステリームービーで、演劇界トップの実力派俳優が集結。主演にはABEMAで2020年9月からOAされ話題になったオーディション番組「主役の椅子はオレの椅子」で主役の座を獲得した新星・三浦海里さんが務めます。

和田さんが演じるのは、若者から絶大な人気を誇る7人組ユニット<劇団 SEVEN>のメンバー・陣内康史(じんない・こうじ)。陣内は前リーダーの突然の死後、新たなリーダーとして劇団を引っ張っていこうとする、向上心溢れる男。シェイクスピア作品の登場人物たちが真の主役を奪い合う新作舞台「シェイクスピア・レジェンズ」では、ハムレットを演じます。

出演決定に際して、和田さんと堤監督よりコメントが到着しました。

和田雅成【陣内康史(ハムレット)役】
オファーを受けた時は、いつも一緒にやっているメンバー達、そして久々の三浦海里君との共演がとても楽しみでした。
元々シェイクスピアは読んでいましたが、今回はハムレット役ということで、役作りのために、あらためて本腰を入れて読んで臨みました。
僕が演じた陣内は、亡くなった元リーダーに一番影響を受けている人物なので、演じている最中は、彼に踊らされていたなという印象です。

【堤幸彦監督から和田雅成へのコメント】
まっすぐでいい!生まれついてのリーダーのカッコよさ。
しかし影も合わせ持つハムレット感!

《STORY》
若者から絶大な人気の7人組ユニット<劇団 SEVEN>。話題の新作舞台「シェイクスピア・レジェンズ」の準備に向けて、新たなメンバー山井の加入が控える中、カリスマ的リーダーの蘇我が急死する。
蘇我を失った劇団は何かが崩れ始め、お互いのミスを責め合い、稽古には身が入らず、信頼関係に亀裂が走る。さらに、“ある秘密”が彼らに告げられたことで、運命の歯車は容赦なく狂い出す。
誰かが俺たちを操っているのか?何者かが劇団に仕掛けた<罠>なのか?一人、また一人と、不気味な影が彼らを嘲笑う。とまらない猜疑心と焦燥感。7人の絆を打ち砕こうとする黒幕の正体は?

映画『ゲネプロ★7』は4月21日より新宿バルト9他全国ロードショー。
また、奇跡的にキャスティングが実現した<劇団 SEVEN>の他メンバー5人の情報は、12月10日から毎日18:00に1人ずつ解禁されるとのこと。続報は、作品公式SNSにて随時発表されますのでチェックしてください。



☆Information
映画『ゲネプロ★7』

2023年4月21日(金)新宿バルト9 他 全国ロードショー

監督:堤幸彦
脚本:川尻恵太
制作プロダクション:オフィスクレッシェンド
製作:映画「ゲネプロ★7」製作委員会(ABEMA ネルケプランニング ギャガ ローソンエンタテインメント S-SIZE)
配給:ギャガ

【公式サイト】
https://gaga.ne.jp/gene7movie/

【公式Twitter】
https://twitter.com/Gene7movie

(C)映画「ゲネプロ★7」製作委員会