【る祭】平野良×菊池修司×松本岳が役作り&レビューに意気込み、「どうな・る年末」エピソードも!『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』インタビュー特集【後編】

「大人たちが本気でふざける」をモットーに、“面白おかしく、そしてなんとなく歴史が学べる舞台公演”として人気を博し、明治座の年末恒例となった「祭シリーズ」も12年目!
『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』が、2022年12月に東京・明治座にて、続いて2023年1月に大阪・梅田芸術劇場メインホールにて上演されます。
今年のテーマは「それでも生きる」。第一部のお芝居パートでは、戦国を生き抜いた男・徳川家康の生涯にスポットを当てた戦国青春絵巻として、三河武士たちとの絆や、有名武将たちの攻防を爆笑必死のコメディで描きます。
そして第二部では日替わりゲストも迎え、『三方の森ジブれ美術館』と題したレビューショーを展開! 芝居では泣いて笑って、ショーでは歌って踊る、これでもかと詰め込みまくった4時間公演が予定されています。

スマートボーイズでは今作のキャストから、主演・徳川家康役を務める平野 良さんと、家康に仕える三河武士団のうち鳥居元忠役を務める菊池修司さん、榊原康政役を務める松本 岳さんにインタビュー。2日連続更新の特集より、本記事では後編をお届けします。(インタビュー前編はこちら)
■『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』
徳川家康役:平野 良さん×鳥居元忠役:菊池修司さん×榊原康政役:松本 岳さん

【インタビュー後編】
――皆さんは「祭シリーズ」のような歴史作品に挑む際に、事前知識として歴史の勉強をされたり、ご自身でも逸話を調べたりはされますか?

平野 良(以下、平野) もっと、正統派な時代劇だったらしますね(笑)。

菊池修司(以下、菊池)&松本 岳(以下、松本) アハハハ!

――史実はあえて調べずに、あくまで脚本上の人物として一から作り上げる、というのも一つのやり方ではあると思うのですが。

平野 そうなんですよね。もちろん史実を知った上での役作りも一つの正しい方法なんですけど、調べすぎるとそこに縛られちゃう人もいて。この作品は、「いや、家康はそんなことしません!」なんてツッコミを入れるような作品でもないので、まずはこの脚本と、このメンバーでやるというのをベースにしていく方がいいのかな、と僕は思いますね。板垣さんが歴史にものすごくお詳しいので、しっかりと監修してくれると思いますし。
徳川家康役の平野 良さん
松本 僕も、やっぱり多少は調べると思いますけど……平野さんがおっしゃったように、基本は脚本の中から人物を組み立てていく形になるのかなと思います。

平野 あくまでも、アイディアのベースだよね。調べてみて、例えば「こういう癖があった」なんて知れると、「どこかのシーンでその動きが使えたりするかな」と思ったりはするけど。

菊池 僕はもう、学生の頃から歴史が大の苦手で! 得意科目も数学だったので、完全に理系なんです。だから正直、歴史の授業で「〇〇時代」とか「〇〇年に~」とか言われても「そんな昔のこと、知らんわ!」って感じだったんですよ(笑)。

――歴史が苦手な人の、率直な気持ちですね(笑)。

菊池 でも、こういう機会があるとやっぱり興味が出るし、調べるじゃないですか。ここまでガッツリと歴史を描いた作品はあまり経験がないんですが、これだけの登場人物がいる物語なので、いろんな人の人生を知ることで自分の苦手意識も薄れていくのかなと思いますし、歴史の一部というよりも一人の人間として知っていくことで、少しでも板の上で鮮明に表現することができたらいいなと思います。
鳥居元忠役の菊池修司さん
――「祭シリーズ」は、“面白おかしく、なんとなく歴史が学べる舞台公演”という作品でもあります。それだけに、お客様も特別な歴史知識は持たずに楽しめるのかと。

平野 全然、知識がなくても大丈夫です! ただ、歴史を知っていたらさらに面白いポイントもあるかもしれない。そのためにも、公演前には「る塾」という配信企画(※先行予約特典の有料イベント)がありまして、それを見ていただければ、ちゃんとした歴史も学びつつ、「ここを押さえておいたらさらに面白いよ!」という部分を教えてくれるんです。

菊池 へぇ~! 「る塾」っていい仕組みですね!

平野 あと今年は、僕らが家康ゆかりの土地に行って、皆さんにいろんなエピソードを紹介するというオンラインバスツアーもあります(※先行予約特典の有料イベント)。そういった企画に参加していただけたら、自分では深く歴史の勉強をしてこなかった方も、舞台を観る頃には歴史が面白くなっているはずです。
榊原康政役の松本 岳さん
――見事なPRぶり、さすが座長です! ほかにも単独座長として、平野さんが今回のカンパニーで意識していきたいことはありますか?

平野 本当に夢のチームができあがったと思うので、今回は家康がしっかりと物語の軸でいられれば、みんなは好き放題にやっていても面白いものになるはず。だからまとまらないけど、みんなが好き勝手にやれる現場がいいですね。
今回が初参戦の藤田 玲ちゃん(東京公演/織田信長役)もパワーがありますし、久々に安西慎太郎(石田三成役)も戻ってきて、いろんなステータスの高いメンバーが揃ったので、座長としてはみんなが暴れられるような現場にしたいなと思います。

――「祭シリーズ」常連の平野さんにとっては、毎年この時期になると会えるメンバーたちへの信頼もありますよね。

平野 確かに。かっち(徳姫役/井深克彦さん)や、まーくん(武田信玄役/大山真志さん)、辻ちゃん(豊臣秀吉役/辻本祐樹さん)はずっと一緒にやっていますからね(笑)。そのメンバーが「今年はどういう計算をしてくるんだろう」というのは楽しみでもあります。
――そして「祭シリーズ」といえば、第一部はお芝居パート、第二部はレビューショー&コントという豪華二部制での上演ですが、毎年どのように稽古は行われているんですか?

平野 実はですね、第二部はほとんど稽古をしないんですよ(笑)。最初にダンスとかの振り入れだけして、「あとはお任せしま~す」って感じです(笑)。

松本 確かに、そんな感じでしたね! 僕は前回、ダンスはなかったのである意味ラクだったというか、面白メンバーで楽しかったことばっかり覚えています。
――今回の第二部は、「三方の森ジブれ美術館」でのショータイムというコンセプト。登場する各ユニットのメンバー発表はこれから(※インタビュー後に発表されました。詳細はコチラ)ですが、毎年様々なアーティストや作品をオマージュした演出も見どころですよね。

平野 ギリ、怒られないところを攻めたパロディですよね(笑)。去年、僕は「あずま男子」っていう東の方で活躍する男子グループをやったんですけど……衣装なんて、もうほぼそれじゃんって感じでしたから(笑)。今回はキラキラしたアイドルが多めになりそうですが、またギリギリを攻めていきたいです!

松本 僕も、どのユニットになるのかな~。

菊池 もう、聞くだけでドキドキしてきました(笑)。

平野 ちなみに修ちゃんって、ダンスとかできる人?

菊池 やらせてもらえるなら、ぜひやりたいです!

平野 じゃあ大丈夫! 第二部で、まったく踊れない人が踊る大変さと言ったら(笑)。

菊池 アハハ! 本当に、楽しみで仕方ないです。だって歌って、踊って、お芝居もして、僕たち役者にとってはこんなにありがたい話はないですよって感じですよね!?
――菊池さん、すごい前のめりですね! 確かにここまで、演劇やエンタメのいろんな要素をやり尽くしている舞台はなかなかないかと思います。

平野 ここまで全ジャンルを混ぜて、しかも成立させられるのはこの作品だけだと思います。それは『戦国鍋TV』という番組に始まり、「祭シリーズ」としても12年間やってきた積み重ねがあってこそ成し遂げられている気がしますし、一朝一夕で企画して「やってみよう」と作れるような演目ではないですね。

――今でこそ毎年恒例となりましたが、最初はやはり「あの明治座で、こんなことやっちゃうの!?」という驚きがありました(笑)。

平野 そう思いましたよね(笑)。

菊池 僕は、観客としてはもちろん行ったことがありますけど、演者として明治座の舞台に立つのは今回が初めてなんです。初めて観劇で訪れた時も、楽屋挨拶に行こうにも裏側で迷子になるわ、とにかく広くて驚いたんですよ(笑)。

松本 アハハ! 劇場の中も、デパートみたいだもんね(笑)。

菊池 客席に行こうと思っても、ついついお土産コーナーとか見ちゃいますよね(笑)。
――大阪公演が行われる梅田芸術劇場ももちろんですが、明治座という老舗劇場での年末公演に立てるということは、舞台役者として大きな喜びがあるのではと思います。

松本 本当にその通りです。僕も前回の一度しか立ったことがないですし、そもそも明治座というのは全ての役者が憧れる、簡単には立つことができない劇場で……だからこそ、最初は「本当に明治座でこんなことして大丈夫なの?」って思ったんですけど(笑)。この貴重な経験を、思いっきり楽しみたいですね。

――ここからは、「どうな・る家康」にかけて、「どうな・る年末」ということで! 今年中に皆さんがやっておきたいことや、気になることはありますか?

平野 僕は現実的なところで言うと、「どうな・る車検」です(笑)。

菊池 めちゃくちゃリアルだ!(笑)

平野 まぁ車検は通ってくれなきゃ困るので、僕は見積もりを待つのみなんですけどね。「車検代、いくらになるのかな」っていう(笑)。

松本 それは払うしかないですもんね(笑)。
菊池 僕は、パワースポットに行きたいです。毎年いつの間にか一年が終わってしまうので、「来年は変わった一年にしたいな」という気持ちがどことなくあって。ここ数年の落ち着いた運気を変えるために、ちょっと強めのパワースポットに行きたいんです。

平野 埼玉県の山の方なんだけど、三峯神社(秩父市)はどう? 関東屈指のパワースポットって言われるところで、芸能人の方も多く通っているし、俺も年に一回は行ってるよ。

菊池 へえ~! ぜひ行ってみたいです!
松本 僕は、11月に「富山マラソン2022」でフルマラソンを走るんですよ。だからまず、それを完走したいです(笑)。

平野&菊池 ええっ!?

――それは本当に「どうな・る」ですね!

松本 お仕事で挑戦させていただくんですけど、自分でもどうなるのかが分からないです。終わったら、転んで骨折とかしているかもしれない(笑)。

平野 マジで気をつけて、頑張ってきてほしい! 結果を楽しみにしてるね。

(※11月6日開催のレースで、松本さんは見事完走! 完走ツイートはコチラ)
――それでは最後に、公演を楽しみにしている皆さんへメッセージをお願いいたします。

菊池 僕は「祭シリーズ」初参加ですが、今から本当にワクワクしていますし、皆さんにも同じようにワクワクしてもらえる作品になるはずだと、こうして取材でのお話を聞いていても確信しています。ぜひ年末年始は僕らと一緒に、この舞台を目一杯に楽しんでいただければなと思います! ご来場、お待ちしております。

松本 前回も楽しかったですが、僕にとっては4年ぶりの「祭シリーズ」、今年はより一層楽しめる作品になると思います。キャストも頼もしい方々ばかりで、僕は年齢的にもちょうど真ん中くらいになりますが、先輩たちにはしっかりとついていって、後輩たちには背中を見せられるように、上と下を繋ぐような役割を果たせたらと思っています。
そしてファンの皆さんにもいい姿を見せて、2022年の締めくくりと2023年の幕開けを気持ちよく迎えたいなと思います!

平野 今年は年末年始と少しずれましたが、久々に大阪公演もございまして。毎年恒例の「祭シリーズ」として、歴代のファンの方には期待通りの、当たり前のように面白くふざけたものを。そして今回初めて興味を持ってくださった方には、新たな衝撃と、未知なる感情を与えられる作品になると思います。皆様を、劇場でお待ちしています!
【インタビュー 了】

『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』は、東京公演が2022年12月23日~26日まで明治座にて、大阪公演が2023年1月8日に梅田芸術劇場メインホールにて上演されます。ほか最新情報は、下記のInformationより公式サイトをご確認ください。

☆Information
【公演概要】
■『笑う門には福来・る祭 明治座でどうな・る家康』
構成・演出:板垣恭一
脚本:村上大樹
出演:平野良/蒼木陣、菊池修司、大平峻也、松本岳/藤田玲(Wキャスト)・松田岳(Wキャスト)/
宮下雄也、平田裕一郎、井深克彦、味方鏡介、水瀬裕也、小早川俊輔、谷戸亮太、林剛史/
久ヶ沢徹、伊藤裕一/山崎静代(南海キャンディーズ)/安西慎太郎、大山真志/辻本祐樹/原田龍二/浅野ゆう子

【東京公演】
2022年12月23日(金)~26日(月)@明治座
・12/23(金)⇒★11:00/★17:00
・12/24(土)⇒★11:00/★17:00
・12/25(日)⇒★11:00/★17:00
・12/26(月)⇒★11:00/★17:00
※★織田信長役(Wキャスト)は藤田玲
※上演時間は約4時間を予定しております。(休憩2回含む)

【大阪公演】
2023年1月8日(日)@梅田芸術劇場メインホール
・1/8(日)⇒◆12:30/◆17:30
※◆織田信長役(Wキャスト)は松田岳
※上演時間:約3時間30分予定(休憩2回含む)

【内容】
◆第一部 「明治座でどうな・る家康」
波乱万丈な人生を生きた徳川家康とゆかいな仲間たちの戦国青春グラフィティ。

◆第二部 ショー「三方の森 ジブれ美術館」
「三方ヶ原」の森の奥にある不思議な美術館で繰り広げられるショー。
※日替わりゲストあり。

【チケット料金(税込・全席指定)】
◆東京公演:S席13,500円 A席6,000円
◆大阪公演:S席13,500円 A席8,000円 B席4,000円

【チケット発売】
11月26日(土)10:00 一般発売

【チケット取り扱い】
・明治座インターネット予約「席とりくん」 https://www.meijiza.co.jp/sekitori/
・明治座チケットセンター 03-3666-6666 (10:00~17:00)
・梅田芸術劇場ネット会員 https://umeda.pia.jp/
・梅田芸術劇場オンラインチケット https://ko-ume.pia.jp/
・梅田芸術劇場チケットカウンター 11月27日(日)以降10:00~18:00
 ※一般発売日翌日より残席がある場合にお取り扱いいたします。
・イープラス https://eplus.jp/lesi-dounaru/
・チケットぴあ https://w.pia.jp/t/le-sai-dounaru/

【チケットに関するお問い合わせ】
・東京公演:明治座チケットセンター 03-3666-6666(10:00~17:00)
・大阪公演:梅田芸術劇場 06-6377-3800(10:00~18:00)

【公演に関するお問合わせ】
る・ひまわり info_lesai-dounaru@le-himawari.co.jp

≪公式サイト≫
https://douna-ru.com/
≪公式Twitter≫
https://twitter.com/le_himawari