ミュージカル『エリザベート』が本日10/9開幕!トート役 山崎育三郎/古川雄大がコメント、ルドルフ役 立石俊樹/甲斐翔真、ルキーニ役 黒羽麻璃央/上山竜治らゲネプロ公演画像UP!

1996年に宝塚歌劇団により日本初演、2000年の東宝版初演から観る者を魅了し続けてきた大ヒットミュージカル『エリザベート』が、いよいよ2022年10月9日より帝国劇場にて開幕します。
ミュージカル『エリザベート』東京公演メインビジュアル
【INTRODUCTION】
ミヒャエル・クンツェ(脚本/歌詞)、シルヴェスター・リーヴァイ(音楽/編曲)、小池修一郎(演出/訳詞)という最高のクリエイター陣と出演者が再び集結し、観客を美と退廃の世界へと誘う。
日本初演の『エリザベート』でタイトルロールを世界最年少で演じ、本場ウィーンの製作陣からも高い評価を得て2019年にはオーストリア共和国有功栄誉金章受章、国内でも読売演劇大賞優秀女優賞、菊田一夫演劇賞大賞を受賞し、『マリー・アントワネット』『レディ・ベス』主演など大役を次々と演じ常に進化し続け圧倒的な存在感を放ち続ける花總まりは、本公演が四半世紀以上を共に歩んだエリザベート役の集大成となる。2019年より花總とともに同役を演じた愛希れいかは、ミュージカル『マタ・ハリ』、『泥人魚』などに加え、NHK大河ドラマ「青天を衝け」、CX「潜水艦カッペリーニ号の冒険」など多方面での活躍を経て、本公演も花總とWキャストでエリザベートを演じる。
トートには、人気・実力ともにミュージカル界のトップを走り続ける山崎育三郎(東京公演のみ)、古川雄大、井上芳雄(福岡公演のみ)の三俳優が集結!2020年、新型コロナウイルスの影響で幻となった"山崎トート"が、遂に帝国劇場に現れる。

【STORY】
死、それは偉大なる愛―
 自由を愛し、類なき美貌を誇ったハプスブルク帝国最後の皇后エリザベートと、彼女を愛した黄泉の帝王"トート=死"。トートはエリザベートが少女の頃から彼女の愛を求め続け、彼女もいつしかトートの愛を意識するようになる。しかし、その禁じられた愛を受け入れることは、自らの死を意味した。滅亡の帳がおりる帝国と共にエリザベートに"運命の日"が訪れる―。

【CAST】
・エリザベート(オーストリア皇后)-Wキャスト- 花總まり/愛希れいか
・トート(黄泉の帝王)-トリプルキャスト- 山崎育三郎(東京公演のみ)/古川雄大/井上芳雄(福岡公演のみ)
・フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝)-Wキャスト- 田代万里生/佐藤隆紀
・ルドルフ(オーストリア皇太子)-Wキャスト- 甲斐翔真☆/立石俊樹☆
・ルドヴィカ/マダム・ヴォルフ 未来優希
・ゾフィー(オーストリア皇太后)-トリプルキャスト- 剣 幸/涼風真世/香寿たつき
・ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者)-Wキャスト- 黒羽麻璃央/上山竜治
※☆は2022年からの新キャスト

公演に先駆け、オフィシャルより到着した舞台写真ならびに、花總まりさん・愛希れいかさん・山崎育三郎さん・古川雄大さん4名のコメントをご紹介します。

【舞台写真】
エリザベート役(Wキャスト) 花總まり(はなふさ まり)
初日を迎えるにあたり、いつもながらですが、もっと時間が欲しいと思ってしまいます。
もうすぐ幕が開きます、心を込めて今できることを精一杯やりつくそうと思っております。花總まりが演じる"エリザベート"がどんなエリザベートであったかは、ご覧になったお客様が決めることだと思いますので、わたしはただ一生懸命に演じるだけです。来年1月31日までのすべての公演を、心を込め、1回1回を誠実に、大切にしていきたいと思っております。ミュージカル「エリザベート」の世界をどうぞお楽しみくださいませ。劇場でお待ちしております。
エリザベート役(Wキャスト) 愛希れいか(まなき れいか)
劇場に入り、いよいよはじまるんだなと実感してきて、今は緊張感でいっぱいです。とにかく最後まで諦めず闘い、もがいて…エリザベートの人生を生き抜きたいと思います。私としては、もう一度挑戦できる喜びや緊張、様々な思いがありましたが、何よりも2020年の公演を楽しみに待っていて下さったお客様の事を考えるととても胸が痛かったので、今回はより一層気合いが入りました。今、カンパニー全体が"この作品を必ずお届けしたい"という熱い想いで溢れています。私が今できる全てを懸けて挑んで参りますので、どうぞ宜しくお願い致します。劇場でお待ちしております
トート役(Wキャスト) 山崎育三郎(やまざき いくさぶろう)
2020年4月の公演中止から2年半が経ち、幕が上がるこの日をずっと待ち望んでいました。
今は、エリザベートカンパニーで帝国劇場の舞台に立てる喜びを噛み締めています。これまでルキーニとして出演してきて今回初めてトートを演じますが、稽古を重ねる中で、同じ作品でも角度が変わるだけで、こんなにも作品への捉え方、感じ方が変わるものだと驚きの連続でした。トート役に対しての解釈も、ある意味正解がなく、自分自身と向き合う時間でもありました。稽古の中で、小池先生から「孤独と陰」というテーマをいただき、自分の中にある影が反映されているトートのような気がします。そして作曲家リーヴァイさんがおっしゃっている挑戦的で攻撃的なトートも強く意識して挑みたいと思います。ついに帝国劇場で「エリザベート」の幕が上がります。どんな困難や逆境にも耐え必死で自分の人生を生き抜くエリザベート。今、この時代にこの作品が届けられることに大きな意味を感じながら、一つ一つ大切に挑みます。
帝国劇場が2025年をめどに一時休館するということも発表されましたが、今、この奇跡の瞬間を全力で楽しみたいと思います。
トート役(Wキャスト) 古川雄大(ふるかわ ゆうた)
すごく緊張感が高まっています。トート役は二度目となりますが、時間を重ね経験を積んでもなお、この作品、この役の重さを感じています。稽古期間は、改めてトートと向き合って、難しさを痛感した時間でした。今回は、前回のトートから自然と進化したところ、自分の成長が活きるところや、自分がこの三年間であたためてきたアイデアを取り入れたりしたところが多数あり、観て「変わったな」と感じていただける部分が多いと思います。この作品におけるトートについてはいろいろな解釈がありますが、自分なりの"新しいトート像"を創り上げ仕上げたつもりなので、その変化をご覧いただけたら嬉しいです。
ルドルフ役(Wキャスト) 立石俊樹
ルドルフ役(Wキャスト) 甲斐翔真
ルキーニ役(Wキャスト) 黒羽麻璃央
ルキーニ役(Wキャスト) 上山竜治
(前列右から)佐々木崇、章平、上山竜治、加藤将
東京公演は11月27日まで。以後は愛知、大阪、福岡にて上演されます。詳細はInformationをチェックしてください。


☆Information
ミュージカル『エリザベート』

【SCHEDULE】
東京 2022年10月9日(日)~11月27日(日) 帝国劇場
愛知 2022年12月5日(月)~21日(水) 御園座
大阪 2022年12月29日(木)~2023年1月3日(火) 梅田芸術劇場メインホール
福岡 2023年1月11日(水)~31日(火) 博多座

【STAFF】
脚本/歌詞:ミヒャエル・クンツェ
音楽/編曲:シルヴェスター・リーヴァイ
演出/訳詞:小池修一郎(宝塚歌劇団)

【CAST】
・エリザベート(オーストリア皇后)-Wキャスト- 花總まり/愛希れいか
・トート(黄泉の帝王)-トリプルキャスト- 山崎育三郎(東京公演のみ)/古川雄大/井上芳雄(福岡公演のみ)
・フランツ・ヨーゼフ(オーストリア皇帝)-Wキャスト- 田代万里生/佐藤隆紀
・ルドルフ(オーストリア皇太子)-Wキャスト- 甲斐翔真☆/立石俊樹☆
・ルドヴィカ/マダム・ヴォルフ 未来優希
・ゾフィー(オーストリア皇太后)-トリプルキャスト- 剣 幸/涼風真世/香寿たつき
・ルイジ・ルキーニ(皇后暗殺者)-Wキャスト- 黒羽麻璃央/上山竜治
※☆は2022年からの新キャスト

オリジナル・プロダクション:ウィーン劇場協会
製作:東宝株式会社 制作協力:宝塚歌劇団
後援:オーストリア大使館/オーストリア文化フォーラム東京

製作:東宝

<一般のお客様の公演に関するお問合せ先>
東京公演 東宝ナビザーブ 03-3201-7777
大阪公演 梅田芸術劇場 06-6377-3800
愛知公演 御園座 052-222-8222
福岡公演 博多座 092-263-5858

≪公式サイト≫
https://www.tohostage.com/elisabeth/index.html