小関裕太・木村達成「まさにコンサート会場にいるような、緊張感と臨場感を味わえる」ミュージカル『四月は君の嘘』SPインタビュー【後編】

ミュージカル『四月は君の嘘』が5月7日からの東京・日生劇場公演を皮切りに、全国6ヶ所にて上演されます。2020年7月に上演予定だった本作は、新型コロナウイルスの影響により開幕目前で全公演中止に。2年の時を経て、メインキャスト6名全員が再集結し、ついに幕を開けます!
ミュージカル『四月は君の嘘』ポスタービジュアル
原作『四月は君の嘘』は、新川直司氏により「月刊少年マガジン」(講談社)にて連載され、2012年度マンガ大賞ノミネート、2013年講談社漫画賞少年部門受賞。その後、フジテレビ「ノイタミナ」枠にてTVアニメ化、さらには実写映画としても大ヒットを記録するなど多くの人を惹きつけてやまない傑作コミックです。

青春ラブストーリーでありながら、音楽に引き合わされた若き音楽家の卵たちが、大切な人との出会いと別れを通してその才能を開花させていく、普遍的な人間愛と音楽の魅力が詰め込まれたこの名作を、『ジキル&ハイド』『デスノート THE MUSICAL』などを手掛けるミュージカル界の巨匠、フランク・ワイルドホーン氏による全曲書下ろし楽曲で世界初演ミュージカル化!

訳詞と演出にミュージカル『キューティ・ブロンド』『笑う男 The Eternal Love -永遠の愛-』の上田一豪氏、脚本にはジブリ映画『かぐや姫の物語』、『メアリと魔女の花』共同脚本の坂口理子氏ら、日本の豪華スタッフ陣が加わり、物語をさらに深化させます。

出演者には、小関裕太さん・木村達成さん(Wキャスト)と生田絵梨花さんがW主演。唯月ふうかさん、水田航生さん・寺西拓人さん(Wキャスト)ら実力派の若手俳優が勢揃い。

【ストーリー】
正確無比な演奏で数々のピアノコンクールで優勝した神童・有馬公生は、指導者であった母の死をきっかけにピアノの音が聴こえなくなり、コンクールはおろかピアノに向き合うことからも遠ざかってしまう。その数年後の4月。高校生になった公生は幼なじみの澤部椿を通じ、同い年のヴァイオリニスト・宮園かをりと出会う。ヴァイオリンコンクールでかをりの圧倒的かつ自由な演奏を聴いた公生の世界は、再びカラフルに色付き始める。

かをりは、好意を寄せる渡亮太との仲を椿に取り持ってもらい、渡と椿の幼なじみである公生とも行動を共にするようになる。やがて公生はかをりに好意を抱くようになるが、親友である渡に気を遣ってしまい想いを伝えることができない。そして椿はそんな公生の気持ちに気付き、また自身に芽生えた公生への恋心に思い悩む。

公生のことを”友人A”と呼びぞんざいに扱いつつも、自分のコンクールのピアノ伴奏を命じるなど、何かにつけて公生を音楽の世界に連れ戻そうするかをりと、どんどんかをりに惹かれていく公生。しかし、公生が再び音楽の道に戻ろうとした矢先、かをりに大きな秘密があることを知る――
(左から)木村達成さん、小関裕太さん
スマートボーイズでは、Wキャストで主人公の元天才ピアニスト・有馬公生役を演じる小関裕太さん&木村達成さん二人での合同取材の模様を、前後編の2回に渡りお届けします!(※前編はコチラ)後編では、楽曲についてのお話や、共演者の方々について伺いました。

【インタビュー後編】

――楽曲についてお伺いしたいのですが、初めて楽曲を聴いた時と、実際に歌ってみて印象の変化はありましたか?

小関 いろんな方から「ワイルドホーン節っていうのがあるんだよ」って事前に聞いていたので、それも感じつつ、『僕にピアノが聞こえないなら』の楽譜をいただいて、すぐにその場で覚えちゃうくらいすんなり入ってきて、すごいキャッチーだなと思いました。ミュージカル界の初対面の方々と番組でご一緒した際に「FNS歌謡祭見たよ」とか「すごく印象に残っている」って言ってくださったり、中には歌ってくださる方もいるくらい覚えやすくて、歌いたくなるような魅力が詰まっているんだということを感じました。特にアップテンポの『Speed Of Sound~カラフルに輝きながら~』の“Wow oh oh”の部分が皆さん印象に残っているみたいで、嬉しいですね。ただ、実際にワイルドホーン節を歌ってみると、この作品は常に苦悩している心の内を叫んでいるので、張り上げて、張り上げて、張り上げて、最後また張り上げて終わるので、すごいキーが高いんです(笑)。そこはこれから稽古で頑張ります!

木村 楽曲の印象は、曲を聴いて『キャッチーで楽しそう』、歌ってみて『地獄』です(苦笑)。ブレスが取れなかったり、一筋縄じゃいかない楽曲ばかりで『こんなの無理だ』って思いました。リーディングワークショップで歌った時に、事前にいただいた楽曲を(編曲の)ジェイソンさんがすごく練って下さって、化け物みたいな曲になって、対応するのに精一杯で、良くも悪くも思い出に残っています。改めて、あの難しい楽曲たちをどこまで歌えるのかなって思いますし、公演が目と鼻の先まで近づいているので、恐怖と楽しみが入り混じった気持ちですね。
――本作のコンセプトアルバムが現在発売中ですが、中でもお気に入りの楽曲を教えてください。【スマートボーイズ独占質問】

小関 『僕にピアノが聞こえないなら』と『君が聞こえる』です。英題だと“If I Can’t Hear The Music”と“I Can Hear You”なんですけれど、一つのアルバムの中でI can’tからI canに変化するのがすごく美しいなと思いました。大枠の中でもグラデーションがかっていく景色のような作りになっているっていうのは、作り手の方々のこだわりだと思うんですが、それを受け取ってすごくエモいなと思いました。

木村 椿が歌う、『月の光』です。切なくていいなと思いました。
――かをり役の生田絵梨花さんの印象と、こんなかをりになりそうだなぁって想像していることを教えてください。

小関 生田さんは、バラエティーの時の顔と、歌やミュージカルに関わっているときのギャップにびっくりしました。目が違うんですよ。バラエティーの時はなごやかなのに、楽譜を持つとすごくキリッとして。作品でご一緒するのは初めてですし、(※取材は本格的な稽古が行われる前の3月中旬)まだFNS歌謡祭やトーク番組でしかご一緒していないんですが、どんな風に作品に挑むのかを見られるのがすごく楽しみです。かをりちゃんとしては、明るそうで、楽観的で“ほわほわ”しているイメージなので、可愛らしい元気なかをりちゃんになるんじゃないかなって思っています。

木村 『こう来て欲しいな』という想像を壊して来て欲しいです(笑)。例えば、みんなはこうやって読むんだろうなっていう台本の読み方とか、想像を超えて、どんどん土足で心の中に上がってくるようなかをりが見たいですね。
――椿役の唯月ふうかさんの印象は?

木村 共通の友人がきっかけでお会いしたことがあって、すごい明るい方ですし、椿にぴったりだと思います。

――渡役の水田航生さん・寺西拓人さんの印象は?

小関 航生くんは同じ事務所で、小さい時から一緒にお仕事していて、年齢的にもお兄ちゃん的存在なんです。今回、役柄としても渡に背中を押してもらう場面が多く、そういう意味では実際の関係性と近いものがあるので、すごく安心しています。がっつり作品で共演するのは初めてに等しいので、新しい一面を見られるんじゃないかなと楽しみにしています。寺さんは初めましてで、昨日もリハーサルでご一緒した時は明るそうな人だなぁって思ったので、これからの稽古でたくさん会話できたら嬉しいなって思っています。

木村 航生くんとは以前同じ役をトリプルキャストで演じたことがあって、その時に僕が考えている以上のことを考えていて『すごいなぁ、よくそこまで考えられるな』って感じたので、心強いですし、楽しみです。寺西さんは、まだ多く喋ってはいないのですが、稽古を通して良い関係を築き上げていけたらなと思います。
撮影中もお茶目にポーズを決めるお二人
――最後に、主演としてこういう雰囲気のチームにしたいっていう思いがあれば教えてください。

小関 主役っていう事はあんまり考えない方で。作品について話し合う、考える時間もすごく楽しみなので、その時間で培われることも多いと思うんです。今のご時世、一緒にご飯を食べたり飲みに行ったりできないからその時間で作れる関係が薄れちゃっているので、代わりに個包装の差し入れをいっぱいして(笑)、ちょっとしたところでみなさんに近づけたら嬉しいなって思っています。

木村 今回演じる公生はかなり悩む役なんですけど、稽古場で悩んでばかりいてはコミュニケーション取りづらくなっちゃうので、できるだけふざけようかなって思っています(笑)。

【インタビュー完】

ミュージカル『四月は君の嘘』は、5月7日より日生劇場にて東京公演、6月4日より高崎芸術劇場大劇場にて群馬公演、6月9日より御園座にて愛知公演、6月16日より兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホールにて兵庫公演、6月25日よりオーバード・ホールにて富山公演、7月1日より博多座にて福岡公演が上演されます。公演詳細についてはInformationより公式サイトをご確認ください。

☆Information

ミュージカル『四月は君の嘘』
東京公演:5月7日(土)~29日(日) 日生劇場
群馬公演:6月4日(土)/5日(日) 高崎芸術劇場大劇場
愛知公演:6月9日(木)~12日(日) 御園座
兵庫公演:6月16日(木)~18日(土) 兵庫県立芸術文化センターKOBELCO大ホール
富山公演:6月25日(土)/26日(日) オーバード・ホール
福岡公演:7月1日(金)~3日(日) 博多座

【原作】新川直司(講談社「月刊少年マガジン」)
【脚本】坂口理子
【作詞・作曲】フランク・ワイルドホーン
【作詞】トレイシー・ミラー・シェル、カーリー・ロビン・グリーン
【編曲】ジェイソン・ハウランド
【訳詞・演出】上田一豪

【出演】
有馬公生:小関裕太 / 木村達成
宮園かをり:生田絵梨花
澤部椿:唯月ふうか
渡亮太:水田航生 / 寺西拓人

かをりの母:未来優希
かをりの父:原慎一郎
審査員:ひのあらた
審査員:三木麻衣子

井川絵見:元榮菜摘
相座武士:ユーリック武蔵
三池俊也:中村翼

飯塚萌木、石井千賀、片岡芽衣、柴田実奈、杉浦奎介、須田拓未、高瀬雄史、千歳ふみ、角田萌夏、露詰茉悠、中野太一、松村桜李、山崎感音、山野靖博、吉井乃歌、吉岡花絵
※吉岡花絵の「吉」はつちよし、山崎感音の「崎」は立つ崎が正式表記。

【チケット(税込・全席指定)】
S席 14,000円
A席 9,000円
B席 4,500円
東宝ナビサーブ:https://stage.toho-navi.com
フジテレビダイレクト:https://fujitv.co.jp
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/kimiuso-musical/
e+:https://eplus.jp/kimiuso/
ローチケ:https://l-tike.com/play/kimiuso/
CNプレイガイド:http://cnplayguide.com/kimiuso/
セブンチケット:http://7ticket.jp/sp/nissei

《公式サイト》
https://tohostage.com/kimiuso/index.html
《公式Twitter》
@KimiUso_musical