板尾創路&松田凌が「誰も観たことがない舞台」に挑む!甲斐さやか作・演出『聖なる怪物』が開幕!ゲネプロ公式レポート&舞台写真&石田ひかりらキャストコメントUP

新進気鋭の女性映画監督・甲斐さやか氏によるオリジナル脚本で、板尾創路さんと松田凌さんがW主演する舞台『聖なる怪物』が、2023年3月10日より新国立劇場 小劇場で開幕しました。初日公演前には、公開ゲネプロと囲み取材会が行われ、板尾さん、松田さんに加え、石田ひかりさん、莉子さん、朝加真由美さんが登壇し、公演への意気込みを語りました。

(左から) 莉子、石田ひかり、板尾創路、松田凌、朝加真由美(敬称略)
スマートボーイズでは、公開ゲネプロと出演者が意気込みを語った囲み取材の様子を、オフィシャルレポートと写真にてご紹介します。

■オフィシャルレポート
甲斐にとって初の舞台作品となる本作は、『信仰心』、そして『神の存在』を問いかける問題作。教誨のため刑務所を訪れた山川神父が、新たに向き合うことになった死刑囚・町月。その死刑囚は自らのことを“神”と呼んでいた。それ以来、山川の周りで不可解な出来事が起きていく。町月の存在は、果たして“神”か、“ペテン師”か、それとも“怪物”か。強いメッセージ性と鋭い演出で、観客の心を揺さぶる。

板尾が演じる山川神父は、感情の抑揚を抑え、常に穏やかさを漂わせる。一方で、松田が演じる町月は、時に声を荒げ、山川神父を翻弄していく。2人の対比と演技力が光る作品に仕上がっていた。

また、石田は、娘が行方不明となった母親の悲劇、そして母親としての苦悩を丁寧に演じて印象付けた。莉子と朝加は、本作が初舞台。莉子はみずみずしい演技で演じきり、朝加は山川神父に救いを求める加賀谷役で存在感を放った。
囲み取材で板尾は、「本番はもっと良くなると思いながらゲネプロをやっていましたので、本番を楽しみに来てください」と自信をのぞかせた。一方、松田は「まだ劇場に入ってお芝居を作っていく時間も短いので、これから初日を迎えて、さらに良い作品を届けられるように尽力してまいります」と意気込んだ。

そして、石田は「舞台稽古に入ってから、何度か客席からもこの作品を観たのですが、すごく斬新な作品になっていると思いました。ワクワクしながらぜひ劇場にいらしていただけたらと思います」とアピール。

莉子は、「初舞台で、ふわふわした気持ちでここに立たせていただいています。優しくしてくださる、素敵なキャストの皆さまとスタッフの皆さまに囲まれ、そうした環境でお芝居できることを光栄に思いながらも、いい緊張感を持って本番に挑めたらと思います」と思いを明かした。

朝加は「この歳で初舞台ですので、皆さまに迷惑をかけないことだけを考えてきましたが、ゲネプロで緊張してしまって…息をするのも大変でした」と苦笑いしながら、「私が演じる加賀谷は、現実にもいそうな、話を聞いてくれるだけでありがたいと思っているという人物ですが、きっと観にいらっしゃる方も加賀谷のような女性に共感できるんじゃないかなと思います」と語った。
以上、オフィシャルレポートでした。さらに、登壇者それぞれのコメント全文も到着しています。

【登壇者コメント】
■板尾創路さん
甲斐さんの脚本は、小説のように面白く、最後まで一気に読んでしまいました。普段は主演やセリフが多い作品は断ってきたのですが、これが舞台になったらすごく面白くなるだろうと感じ、出演させていただくことにしました。普段、皆さんがご覧になる演劇とは違う作品になっていると思います。クラシックな舞台で、あまりお目にかかったことがない幻想的な舞台です。ぜひライブで観ていただけたらと思います。舞台を観劇された経験がない方も楽しめる舞台になっています。

■松田凌さん
稽古を通して、この作品の面白さを噛み砕き、紐解いてきました。この作品は、現実から離れているかのような世界観を持っているけれども、実はすぐそばにある感覚があって、それが甲斐さんの作る唯一無二の世界だと思います。老若男女、どなたにも何かを持って帰っていただける、誰も観たことがない舞台だと思います。

■石田ひかりさん
最初に脚本を読ませていただいたときは、ヘビーでチャレンジングな作品だと思いました。とても面白いけれども、とても難しい。やりがいしか感じない脚本でした。そして、甲斐さんの初舞台作品、そして主演が板尾さんと伺い、これは絶対に面白いものになるだろうと思いました。今回は、役者と演出家6人のうち、3人が初めての舞台です。それは、私たちの武器だと思います。

■莉子さん
正直に言うと、一度読んだだけでは理解できない、難しい台本でした。ですが、初舞台という機会をいただいた時に、難しいと感じる台本をやらせていただけるのは贅沢だと思ったので、ぜひやらせていただきたいと思いました。今回、掛け合いがあるのは板尾さんだけなのですが、板尾さんからは具体的なアドバイスもたくさんいただき、たくさん助けていただきました。

■朝加真由美さん
戯曲を読み、甲斐さんの世界に触れ、この作品にどうしても出演したいと思いました。その理由は分かりません。でも、どうしてもやりたかった。初めての舞台出演なので、楽しまなくちゃという気持ちはありますが、楽しむにはまだもう少し時間がかかりそうです。初日に向けて気持ちは高揚しています。

『聖なる怪物』は、3月19日まで上演。公演の詳細は、Informationより公式サイトをご確認ください。
☆Information
『聖なる怪物』

■作・演出:甲斐さやか
■キャスト:板尾創路 松田凌/莉子 朝加真由美/石田ひかり

<公演日程>
■2023年3月10日(金)〜3月19日(日)
会場:新国立劇場 小劇場

<料金>
S席/8,500円 バルコニー席/6,500円
※未就学児入場不可
※全席指定

■主催・企画・製作:ミックスゾーン

<公式サイト>
https://thesacredmen.com
<公式Twitter>
https://twitter.com/thesacredmen