【東映ムビ×ステ】松田凌・和田琢磨に矢崎広・鈴木勝吾・赤澤燈ら13名のCV&特報映像&ストーリーが一挙解禁!映画『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』が3/25公開決定!

映画と舞台を完全連動させるプロジェクト【東映ムビ×ステ】の第五弾として製作された映画『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』より、特報映像、キャラクタービジュアル、ストーリーが到着! さらに公開日が2023年3月25日となることが発表されました!
―令和のヤクザが坂本龍馬になり代わって、時代を変える?!―
本作は令和のヤクザが坂本龍馬になり代わるという現代と幕末を飛び越えた新感覚の時代劇です。幕末+ヤクザという掛け合わせが今までにない斬新な特報映像、キャラクタービジュアルとなっています。
■特報映像



今回解禁された特報映像では、松田 凌さん演じる令和のヤクザ村田恭次が幕末時代にタイムスリップし、自分そっくりの坂本龍馬と出会うシーンが公開されました。ヤクザと坂本龍馬の一人二役を完璧に演じ分ける松田さんの姿は必見です。さらに坂本龍馬や新選組のいる<激闘の幕末>の中にいる、派手なスーツ姿のヤクザたちがタイムスリップムービーの面白さを期待させるインパクトのある特報映像となっています。

そして今回解禁されたキャラクタービジュアルは、令和のヤクザ「村田組」の若頭である主人公・村田恭次役 松田凌さん、村田の幼馴染であり「村田組」の組員である大友一平役 和田琢磨さん、物語の鍵を握る志士・坂本龍馬の妻、今作のヒロイン・おりょう役 剛力彩芽さん。
大友の舎弟として幕末にタイムスリップし動乱の危機に挑む、高梨明役・矢崎広さん。村田率いる「村田組」と敵対する「錦旗会」の組員であり、血にうえたクールな冷血漢、伊達唯臣役 鈴木勝吾さん、龍馬の友人、中岡慎太郎役 赤澤燈さん、主人公たちを幕末へタイムスリップさせ翻弄する不思議な力を持つ蘭月童子役・荒川ちかさん。
その他、幕末の志士や武士を演じる、土方歳三役 石黒英雄さん、沖田総司役 本田礼生さん、原田左之助役 小野健斗さん、桂小五郎役 岡宏明さん、佐々木只三郎役 江戸川じゅん兵さん、そして西郷隆盛役 本宮泰風さんの豪華キャスト13名が一挙公開となります。
幕末とヤクザという新感覚なコンセプトも表現された個性あふれるキャラクタービジュアルはこちら!
■キャラクタービジュアル
村田恭次役 松田凌さん
大友一平役 和田琢磨さん
おりょう役 剛力彩芽さん
高梨明役 矢崎広さん
伊達唯臣役 鈴木勝吾さん
中岡慎太郎役 赤澤燈さん
蘭月童子役 荒川ちかさん
土方歳三役 石黒英雄さん
沖田総司役 本田礼生さん
原田左之助役 小野健斗さん
桂小五郎役 岡 宏明さん
佐々木只三郎役 江戸川じゅん兵さん
西郷隆盛役 本宮泰風さん
■ストーリー
「俺とお前でテッペン獲るぞ」

そう誓い合った2人の男。ヤクザの若頭・村田恭次(松田凌)とその右腕・大友一平(和田琢磨)だ。
インテリの恭次が“頭”、喧嘩の強い一平が“腕”となり、2人は裏社会の頂点に立とうとしていた。

だが、敵対する暴力団が仕向けた狂犬ヤクザ・伊達唯臣(鈴木勝吾)との抗争のさなか、突然現れた不思議な童子(荒川ちか)の力により、恭次たちは幕末にタイムスリップ。そこで恭次はある1人の男と出会う。

彼の名は、坂本龍馬(松田凌/2役)。なんと龍馬は恭次と瓜二つの顔をしていた。
なぜ憧れの龍馬が自分と同じ顔をしているのか……?
戸惑う恭次をさらに混乱に陥れるように、龍馬を狙う一味が来襲。恭次をかばい、龍馬が命を落としてしまう。
龍馬がいなければ、西郷隆盛(本宮泰風)と桂小五郎(岡宏明)の手を組ませることもできない。この国に新たな時代は永遠に訪れない。
憧れの男の死を目の前で看取った恭次は、自らが龍馬になり代わり、龍馬の目指した日本の夜明けを実現しようと決意する。

一方、同じく幕末にタイムスリップした一平とその舎弟・高梨明(矢崎広)はひょんなことから新選組に入隊。
鬼の副長・土方歳三(石黒英雄)、沖田総司(本田礼生)、原田左之助(小野健斗)らと行動を共にすることに。

妻・おりょう(剛力彩芽)や土佐藩士・中岡慎太郎(赤澤燈)に支えられながら新しい国づくりのために奔走する龍馬=恭次。
現代に戻りたいと願いながらも、重い鉄の掟に翻弄され引きずり込まれていく一平。
時代の荒波は、かつてテッペンを獲ろうと約束した2人の運命さえ飲み込もうとしていた。

はたして日本の夜明けはやってくるのか。
2人のヤクザが相まみえたとき、激動の幕末にさらなる事件が巻き起こる――。


映画『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』は2023年3月25日に公開。そして本作と連動する舞台『仁義なき幕末』も2023年春上演予定です。
映画や舞台の詳細は、Informationより公式サイトをご確認ください。
☆Information
【映画『仁義なき幕末-龍馬死闘篇-』】
2023年3月25日(土)公開
脚本:毛利亘宏(少年社中)
監督:橋本 一
出演:
松田 凌 和田琢磨
矢崎 広 鈴木勝吾 赤澤 燈 荒川ちか
石黒英雄 本田礼生 小野健斗 岡 宏明 江戸川じゅん兵
本宮泰風 / 剛力彩芽

【舞台『仁義なき幕末』】
2023年春上演
作・演出:毛利亘宏(少年社中)
出演:和田琢磨 松田 凌 他

【東映ムビ×ステ】とは
映画(MOVIE)と演劇(STAGE)の挑戦的な融合を試みるメディアミックスプロジェクト。二つのメディアは一つの世界を共有しつつ、異なる物語と表現で語られていく。メディアの境界線を行き来する物語は、これまでにない新しい感覚を呼び覚ましている。プロジェクト第一弾は、映画『GOZEN-純恋の剣-』(2019年7月公開)、舞台『GOZEN-狂乱の剣-』(2019年9月東京・大阪上演)を製作。第二弾は、映画『死神遣いの事件帖 – 傀儡夜曲-』(2020年6月公開)、舞台『死神遣いの事件帖 –鎮魂侠曲-』(2020年7月・8月上演)を製作。第三弾は、映画『漆黒天-終の語り-』(2022年6月公開)、舞台『漆黒天-始の語り-』(2022年8月・9月上演)を製作。第四弾は、第二弾の続編となる舞台『死神遣いの事件帖-幽明奇譚-』(2022年6月上演)、映画『死神使いの事件帖-月花奇譚-』(2022年11月公開)を製作。第五弾となる本作では、監督・橋本一と脚本家・毛利亘宏が生み出す新たな歴史奇譚劇をお届けする。

≪ムビステHP≫
https://toei-movie-st.com/jinbaku/

≪公式Twitter≫
https://toei-movie-st.com/jinbaku/movie/

@2023 toei-movie-st