鈴木拡樹が語る注目キャスト&解き明かしたい謎とは?盟友・宮崎秋人とは6年ぶりの共演、近藤頌利にかける期待も!舞台『アルキメデスの大戦』インタビュー特集【後編】

2020年6月に開幕することなく全公演中止となってしまった舞台『アルキメデスの大戦』が、約2年の時を経て再始動! 改めて、2022年10月1日から日比谷・シアタークリエにて上演されることが決定しました(以降、全国ツアー公演も開催)。
スマートボーイズでは、本作で戦艦建造の謎に挑む天才数学者・櫂直かい ただし役を演じる鈴木拡樹さんにインタビュー。再始動する本作への意気込み、そして役作りや共演キャストについても語っていただきました。本記事では、その後編をお届けいたします。
【作品紹介】
原作は、『ドラゴン桜』や『インベスターZ』などユニークな作品で鋭く時代に斬り込んできた漫画家・三田紀房氏が、数学者の視点から第二次世界大戦を描くという、かつてない切り口で創り上げた漫画『アルキメデスの大戦』。2019年の夏には、映画監督・山崎 貴氏によって映画化され、大きな話題となりました。
この映画『アルキメデスの大戦』を原案とする今回の舞台化にて、脚本と演出を手掛けるのは、読売演劇大賞をはじめ数々の演劇賞を受賞し、いま演劇界が最も注目する劇団のひとつ、劇団チョコレートケーキのクリエイター陣。古川 健氏が脚本を、日澤雄介氏が演出をそれぞれ務めます。

そして注目のキャストとして、主人公の天才数学者・櫂直かい ただし役を務めるのは、多くの舞台に出演し、近年では映像にも活躍の場を広げ、抜群の存在感と確かな演技力で観客を魅了する鈴木拡樹さん。
巨大戦艦の建造に反対し、櫂に大和建造を阻止させようとする海軍少将・山本五十六役には、映像作品での名演が光るベテラン・神保悟志さん。また、櫂を補佐する海軍少尉・田中正二郎役として、舞台作品を中心に人気と注目を集める宮崎秋人さんが出演するほか、田中と共に櫂に協力する尾崎財閥令嬢の尾崎鏡子役を、第8回「東宝シンデレラ」オーディションでグランプリを受賞後、話題作への出演が続く福本莉子さんが演じるなど、若手実力派キャストも参加。
巨大戦艦の建造を推し進める海軍少将・嶋田繁太郎役には、作品ごとに七変化する姿と演技力が高く評価される小須田康人さん。そして、櫂が真っ向から戦うことになる嶋田派の造船中将・平山忠道を、繊細な演技で人間の陰陽を巧みに表現する岡田浩暉さんが務めます。
ほかキャストには、近藤頌利さん、岡本 篤さん、奥田達士さんらが名を連ね、この実力派キャスト&クリエイターによって、劇場で繰り広げられる前代未聞の頭脳戦が高まります。
【あらすじ】
1933年、軍事拡大路線を歩み始めた日本。戦意高揚を狙う海軍省は、その象徴にふさわしい世界最大級の戦艦 を建造する計画を秘密裏に進めていた。そんな中、航空主兵主義派の海軍少将・山本五十六は、海軍少将・嶋田繁太郎と対立。嶋田派の造船中将・平山忠道が計画する巨大戦艦の、異常に安く見積もられた建造費の謎を解き明かすべく協力者を探している。

そこで山本が目を付けたのは、100年に1人の天才と言われる元帝国大学の数学者・櫂 直。しかし、軍を嫌い数学を偏愛する変わり者の櫂は頑なに協力を拒む。そんな櫂を突き動かしたのは、巨大戦艦建造によって加速しかねない大戦への危機感と戦争を止めなければならないという使命感。櫂は意を翻し、帝国海軍という巨大な権力との戦いに飛び込んでいく。

櫂を補佐する海軍少尉・田中正二郎や尾崎財閥の令嬢である尾崎鏡子の協力によって、平山案に隠された嘘を暴く数式にたどり着くまであと少し。決戦会議の日は刻一刻と迫っている。
【インタビュー後編】
──今回は新たに加わる近藤頌利さんのほか、ほぼ2年前のキャストが再集結となりましたが、前回は皆さんとあまり顔を合わせる機会のないままに解散する形になってしまったかと。キャストの皆さんとは、どのようなご関係ですか?

鈴木 前回はまだ顔合わせもしていない状況での公演中止だったので。実は僕、まだ宮崎秋人くんと近藤頌利くんにしかお会いしたことがないんですよ。

──宮崎さん、近藤さんとはこれまでにも別作品で共演されていますが、特に宮崎さんとは長い付き合いで、舞台『弱虫ペダル』では一緒に体力を削ってきた仲かと。

鈴木 そうですね! 舞台上で、一緒に走ってましたね~。

──今回、そんな宮崎さんが演じる海軍少尉・田中正二郎は櫂をサポートする役柄ということで、劇中でも二人で共に行動していく関係となります。こうしたバディ的な役柄で、気心の知れた宮崎さんと共演できる、という点はいかがですか?

鈴木 もちろん、楽しみですよ! やっぱり「また一緒に、熱い作品ができるな」というのもありますし、前回の共演からの期間も空いていて。一緒にお芝居をするのは6年ぶりだと思うんですけど、6年越しだとお互いに色々と変わっているでしょうし、その変化も非常に楽しみですね。当時から比べてみても、秋人くんは顔つきも変わってきていますし、すごく大人の魅力あふれる役者さんになっているんだろうな、って今は思っています。

──宮崎さんの変化も楽しみですが、一方で鈴木さん自身も、なにか成長したところを見せたい、という思いがあるのでは?

鈴木 そうですね、もちろん僕も成長を見せたいですし……それとは逆に、「思い出してほしいな」という感覚もあります。一緒にやっていた頃の熱量だったりとか、「そうそう、これだよね!」という感覚が、この二人では共有できたら嬉しいなと思います。

──ほか、頼もしいベテランからフレッシュな若手まで、共演陣には幅広いキャストが揃いましたが、座長として鈴木さんはどんなカンパニーになると予想されていますか?

鈴木 物語の中では、やっぱり対立する二組に分かれるので、そこは芝居もヒートアップしていくだろうなぁとは思うんですけど、普段は一つの作品を作り上げていく仲間同士ですから、みんなで他愛もない話ができるような、そんなカンパニーであると嬉しいなと思います。
ただ、年齢差のあるカンパニーとはいえ……僕、さっきから何度も名前を出して、ちょっと推しすぎなぐらい彼を推していますけど(笑)、近藤頌利くんは相手の年齢を問わず、場をうまくまとめられる子なんですよ! なので結構、彼が場作りのキーマンになってくれるんじゃないかな、と思いますね。

──鈴木さんと近藤さん、ともに大阪出身チームとしても、一緒に盛り上げていけたらと。

鈴木 そうですね! 加えて秋人くんも、またそういうところがうまいですから。年齢が離れていたり、キャリアはバラバラだったりしますけど、彼らがいてくれたら、カンパニー全体をうまく繋ぎ合わせられるんじゃないかな、と。だからカンパニーの関係性については、ほとんど不安視はしていないです。
──ここからは、作品のテーマにちなんだ質問を。櫂は数学の天才ということで、数字に向き合う場面も多く出てきます。鈴木さんは、数学に対しては得意・不得意でいうと……?

鈴木 全然、得意じゃないです! 苦手なタイプですね(笑)。

──では、理論派・感覚派といった部分では、どちらに近いでしょうか?

鈴木 う~ん。多分、理論派ではないかな……僕は全然、理数系ではないですからね。答えをしっかり、明確に求めるタイプかというとそうでもないですし。思ったこと、直感というものを大事にしている部分もあるので、「こうかもしれない」っていう気付きの方を、僕は重視しています。
そんな感じで数学者には当てはまらない方だと思いますけど、興味は持っていて。数学も知らないことばかりなので、まずは初歩的なところから入ってみようかなと、簡単な『数学が楽しくなる本』みたいなものを買ったんです(笑)。そのレベルで、今は「う~ん」ってなったり、「そうなんだ!」って面白く感じたりしていますね。

──少し苦手意識のある数学に、自ら歩み寄ってみようと!

鈴木 ちょっとでも、数学との距離が縮まればいいかなって。僕の数学レベルは、今はその程度です(笑)。
──続いて、今作は数学者の櫂が巨大戦艦の設計図から建造費用に関する謎を解き明かしていく、という物語ですが、鈴木さんも自身の手で解き明かしたい、全容が知りたい、と思うような疑問はありますか?

鈴木 僕が「どうなっているんだろう?」と気になるのは、地下鉄ですね。地下鉄って、もちろん路線図はありますけど、なんだか都市伝説とかでも、実は色んなところに通じているんじゃないか、みたいなのがあるじゃないですか?(笑)

──「実は、みんなが知らない路線がもう一路線あるんじゃないか」みたいな?

鈴木 路線図ではここに線路がある、と分かっていても、実際の自分の目や感覚では、どこを走っているのかが分からないじゃないですか? だから、そういう夢が詰まっているのかもなって思うと、ちょっと知ってみたい自分もいて……線路を歩いてみたいんです。
地下鉄とかは線路に入る、っていうこと自体ができないじゃないですか。点検作業とかで地下鉄の線路を歩くお仕事をされている方はいらっしゃると思うんですけど、なかなか自らトライするのは難しいので、夢というか、憧れています。

──色んな場面で「いつか地下鉄の線路を歩きたい」とアピールしていれば、鈴木さんなら地下鉄ロケ企画、みたいなチャンスがあるかもしれませんよ(笑)。

鈴木 許可、下りますかね!? 難しそうですけど、できたらめちゃくちゃ嬉しいです。いつか歩いてみたいな~!
──それでは最後に、公演を楽しみにされている皆さんへメッセージをお願いします。

鈴木 まずは、2年前に公演を楽しみにしてくださっていた方にも、今回ようやく観ていただけるチャンスがある、という喜びがありますし、今回この作品を知っていただいた方にも、加えて観ていただける、ということも嬉しいです。
さらに言えば、ここ2年間ぐらい……やっぱり状況をみて、舞台へと足を運ぶのをやめていた皆様に、もう一度。「私がまだ舞台を観に行っていた頃に、このチラシを見たことがある」と反応してくださったお客様に、ぜひ勇気を持って、この作品でまた一歩を踏み出してほしいな、と思っています。
確かにまだ、完全に手放しで安心して、という状況ではないとは思いますが、これからきっと事態の収束に向かっていくんだという希望の意味でも、とても意志を含んだ作品になっています。これからの未来に向けて、また演劇界が盛り上がっていくようにと我々は頑張りますし、僕もその一人であると深く自覚して頑張りたいと思いますので、ぜひ、熱い演劇を見に来てください。劇場で、お待ちしています。

【完】
ヘアメイク:AKI
スタイリスト:中村美保

■衣装

◆シャツ
amok/Karaln
¥26,400-
問:Karaln/03 6231 9091

◆パンツ
Iroquois/Karaln
¥27,500-
問:Karaln/03 6231 9091

◆靴
ASICS RUNWALK
¥26,400-
問:アシックスジャパン株式会社 お客様相談室
0120-068-806

舞台『アルキメデスの大戦』は、2022年10月1日~17日まで日比谷・シアタークリエにて上演。続いて、大阪・静岡・愛知・香川・広島での全国ツアー公演が予定されています。ほか公演詳細・最新情報は、Informationより公式サイトをご確認ください。

☆Information
公演概要
舞台『アルキメデスの大戦』
東京公演:2022年10月1日(土)~17日(月) 日比谷・シアタークリエ
大阪公演:10月21日(金)~23日(日) 梅田芸術劇場シアター・ドラマシティ
静岡公演:10月25日(火) 静岡市清水文化会館マリナート 大ホール
愛知公演:10月27日(木)~28日(金) 日本特殊陶業市民会館ビレッジホール
香川公演:10月30日(日) レクザムホール(香川県県民ホール)大ホール
広島公演:11月3日(木・祝) 呉信用金庫ホール(呉市文化ホール)

【キャスト】
鈴木拡樹
宮崎秋人 福本莉子 近藤頌利 岡本篤 奥田達士
小須田康人 神保悟志 岡田浩暉 ほか

【スタッフ】
原作:三田紀房『アルキメデスの大戦』(講談社「ヤングマガジン」連載)
舞台原案:映画「アルキメデスの大戦」(監督 脚本:山崎 貴/製作:「アルキメデスの大戦」製作委員会)

脚本:古川 健
演出:日澤雄介

製作:東宝

【東京公演チケット情報】
・先行先着販売:7月24日(日) 10:00〜
東宝ナビザーブ:https://stage.toho-navi.com/
・一般前売開始:2022年7月30日(土)
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/archimedes/
イープラス:https://eplus.jp/archimedes/
ローチケ:https://l-tike.com/archimedes/
CNプレイガイド:https://www.cnplayguide.com/archimedes/
セブンチケット:http://7ticket.jp/sp/crea

≪公式サイト≫
https://www.tohostage.com/archimedes/

≪東宝演劇部公式Twitter≫
@toho_stage