染谷俊之、念願の指導者役で「泣きそうになっちゃって」今牧輝琉・武本悠佑・加藤将らが"生で聴き、観る合唱(クワイア)"を届ける、舞台『川越ボーイズ・シング』-喝采のクワイア-が開幕!ゲネプロ舞台写真&会見コメントUP

ボーイズ・クワイア部を題材としたオリジナルTVアニメーション「川越ボーイズ・シング」を、舞台だからこそ体感できる、「生で聴き、観る合唱(クワイア)」として舞台化!
舞台『川越ボーイズ・シング』-喝采のクワイア-が、2024年6月22日に東京・シアターHにて公演初日を迎えました。
染谷俊之さん、今牧輝琉さんらが出演する本作から、公開ゲネプロでの舞台写真と、キャスト陣が意気込みやそれぞれの見どころを語った会見コメントをお届けいたします。
舞台『川越ボーイズ・シング』-喝采のクワイア-が開幕! 舞台写真&会見コメントUP
【作品紹介】
原作は、ボーイズ・クワイア部を題材として2023年に放送されたオリジナルTVアニメーション「川越ボーイズ・シング」。舞台化にあたり、演出・松崎史也氏を始め数々の人気作を生み出すスタッフ陣と、染谷俊之さん、今牧輝琉さんなど今をときめく実力派俳優が集結しました。
舞台『川越ボーイズ・シング』-喝采のクワイア- キービジュアル
トラブルメーカーの天才指揮者・響 春男と、それぞれ悩みを抱えるボーイズ・クワイア部の生徒たちが、音楽を通じて成長や絆を深めていく本作。舞台版ではアニメをベースに、響 春男の視点で物語が描かれます。
そして本作ではピアノの生演奏に載せた、キャストによる生のクワイアも大きな見どころに! 舞台だからこそ体感できる、「生で聴き、観る合唱(クワイア)」にご注目です。

【ゲネプロ舞台写真】
【会見レポート】
■会見登壇者
響 春男役:染谷俊之さん
出井天使役:今牧輝琉さん、矢沢ひろし役:武本悠佑さん、白鳥修治役:加藤 将さん、小橋快人役:横山賀三さん、茨戸静男役:桜庭大翔さん、足立 尽役:手島章斗さん、日向 行役:井阪郁巳さん、日向 進役:磯野 亨さん、葉加瀬 友役:高梨 怜さん、鈴木カーティス役:ジョエル・ショウヘイさん、森村 充役:樫澤優太さん

――まずは染谷さんへの質問です。公演初日を迎える今のお気持ちと、響 春男という役柄を演じる上で特にこだわった点があればお聞かせください。

■響 春男役:染谷俊之さん
今日までたくさん稽古を積ませていただき、大変なこともたくさんありましたが、この作品は稽古自体が確実に役作りに繋がっていると実感していました。初日から素晴らしい作品をお届けできると思います。
僕が役柄でこだわった点は、春男が指揮をするシーン。指揮は初めての経験だったので、指揮指導の方にたくさん教えていただいて、今もなお頑張っているところです。


――続いて生徒役の皆さんへの質問です。公演初日を迎える今のお気持ちと、ご自身の役柄で「ぜひここを見てほしい!」という見どころをお聞かせください。

■出井天使役:今牧輝琉さん
本当に濃い稽古期間で、新しい挑戦や慣れないこともあったんですが、このカンパニーだったからこそ乗り越えられたと思っています。染谷さんもおっしゃっていたように、最高の初日をお届けできる自信がありますので、ぜひ楽しみにしていてください!
見どころのメインは歌ですが、だんぼっちくん(出井天使の通称)の成長物語でもあるなと僕自身は思っているので、シャイボーイからどう変わっていくか、というところもぜひ見ていただけたらなと思います。


■矢沢ひろし役:武本悠佑さん
この作品の中で松崎史也さんは一人一人のキャラを通してそれぞれに成長を与えてくださって。僕自身も今まで気づけなかったことを、この稽古期間で“こういう部分があるから、もっと殻を破っていいよ”と気付かせてもらえて、成長の機会を与えてくれた作品です。
僕自身も今までにないぐらい成長できましたが、それは僕だけに限らず、キャスト全員が一皮むけてより良くなっていると思うので、ぜひ注目してみてほしいです。

■白鳥修治役:加藤 将さん
この作品には「アンサンブルを声で表現するのがクワイア」という響 春男の台詞があって、川越学園の生徒たちが「アンサンブル」として一つの音を作り上げていきます。
稽古を通して男子高校生のグルーブ感を出せるように、自分たちらしく主張できるように努力して、作り上げた音に良い化学反応が起きていると感じていました。
こういった経験は、個人的には初めてでしたし、とても楽しかったです。
僕たち川越学園ボーイズ・クワイア部の進む道がどうなっていくのか、観ていただいた後に希望を届けられる作品だと思いますので、最後まで楽しんでいただきたいです。


■小橋快人役:横山賀三さん
このカンパニーの役者自身もすごく個性豊かな人が多くて、役も個性の溢れたキャラクターが集まっているので、そこに舞台化した意味があると思っていて、演じていても楽しいです。その個性豊かなみんなで揃えたクワイア(合唱)は、もうすごくエネルギッシュなものが皆様に届けられると思うので、そこを楽しみにして欲しいなと思います。
小橋快人自身も、みんなも、それぞれに抱えているものがあるんですが、それぞれ音楽を通して、クワイア部を通して成長していく様が描かれます。とてもいい作品なので楽しみです。頑張ります。


■茨戸静男役:桜庭大翔さん
クワイアに焦点を当てた作品は今まであまり多くなかったと思うので、見に来られる方もどのような作品、どのような雰囲気になるかと本当に楽しみにしていただきたいと思います。合唱ってたくさんの人が一度は経験したことがあるものだと思うんですが、“その時とはまた受けるイメージがこんなに違うんだ”とか、“ワクワクするね”と感じていただき、劇中の曲を観劇後に口ずさんで帰っていただけたら嬉しいです。
オトメの見どころは、制服ってこんなにパツパツになるんだ、っていうところです(笑)。色んなところでオトメはパワーを使いますので、“あっ、ここでパワー使った!”ってぜひ注目してください。


■足立 尽役:手島章斗さん
今回はキャラクター各々が苦悩やコンプレックスを抱えていて、春男を中心に出会って、音楽を通してそれを消化し、仲間と分かち合って前に進んでいく、というストーリーですが……僕も音楽活動を普段やっているんですが、そういう物語を改めて感じて演じさせていただくと、本来の音楽のあるべき姿がすごく身に染みました。今回会場に来てくださる皆さんには、音楽の素晴らしさを通して“明日からも頑張ろう”と思ってもらえるように頑張れたらなと思います。
足立は1公演で2度楽しんでいただける役だと思いますので、そこもご期待ください。


■日向 行役:井阪郁巳さん
今回は青春群像劇ということで、それぞれピックアップされるシーンがあるんですが、ピックアップされている人だけが頑張るのではなく周りの人たちも含めてそのシーンをみんなで作り上げていくというのが大事になっています。このカンパニーはすごくチームワークが良く、仲良くやらせてもらったので、そこが作品に出ていると思います。
個人的には、双子役をやることはなかなかないので、最初は“双子って大丈夫か?”“似てる?”と思っていたんですけど、もう稽古初日から(磯野さんと)波長が合っていたので、そこはぜひ見ていただけたら分かると思います。楽しみにしていてください!


■日向 進役:磯野 亨さん
このカンパニーのキャストはすごく仲が良くて、こんなに笑って稽古場を盛り上げてく出さる方々ばかりで、本当に男子高校生に戻ったような感覚で稽古させていただいたので、ありのままの僕たちの雰囲気をお届けできれば、皆さんにも楽しんでもらえるんじゃないかなと思います。
双子としての掛け合いはもちろん見どころですが、今回、細貝さんの生ピアノでの演奏もありますので、ぜひ生の音楽の良さを楽しんでいただけたらなと思います。

■葉加瀬 友役:高梨 怜さん
僕自身、この作品は新しい挑戦として今も悩みながらぶつかっているんですが、集中して、届けたいものがたくさん届けられるように演じられればと思っています。
すごく繊細なシーンが多いキャラクターで、稽古中から友くんとして感情的になったりする場面が多くあったんですが、お客さまにもそのエネルギーを届けられるように頑張ります。よろしくお願いします。


■鈴木カーティス役:ジョエル・ショウヘイさん
稽古が始まった時から男子校ノリで和気あいあいとやらせていただきました。今回、英語の歌詞がすごく多くて、僕は一応英語もできるので、皆さんに少し教えさせていただいたんですけど、みんなの成長がすごいんです! もう最初の頃からは本当に信じられないぐらい成長しているので、そこに注目していただけたら。
そして鈴木カーティスはクワイア部に入ることで自分の過去と照らし合わせながら、その悩みを乗り越えていきます。相方である葉加瀬と助け合いながら挑む繊細なシーンにも注目していただきたいです。


■森村 充役:樫澤優太さん
本当に一人一人のキャラクターがすごく個性豊かで、みんなが持っていたトラウマが音楽に変わり、お芝居を通すことによって、その人生がどんどん具現化して、可視化されて……そして音楽と融合した時に、観ていただく皆さまにキャラクターへの共感や共通点の発見、何かを克服するようなパワーをお届けできれば嬉しいです。
森村は学校が違う役柄なんですが、森村がしっかりと強い音楽を出すことによって、川越学園の皆さんのキラキラした音楽もどんどん際立ってくると思いますので、僕はなるべく帝王感を出して、強いキャラクターとして良いバトンを渡していきたいなと思っています。


――染谷さんへの質問です。今回、指導者という立場を演じた中で、染谷さんご自身はキャストの皆さんに対してどのような印象を持たれましたか。

■染谷さん
僕は学校の先生を目指していた時期があって、大学で教職の授業も取っていたんです。だから俳優を目指してからも、いつか学校の先生を演じてみたいなと思っていて、今回は夢が叶いました!(周囲から拍手)
なので、生徒役のみんなが稽古を頑張っている姿を見ていると、泣きそうになっちゃって……(笑)。僕にグッとくるものがあるんだから、きっとお客さまが見た時にも、かなりグッと来るものがあると思います。


――最後に、ご観劇いただく皆様へのメッセージをお願いします。

■今牧さん
とにかく前向きになれるし、“明日も頑張ろう”とか、本当に素敵な気持ちになれる作品だと思います。
僕自身、悩んだこともあったんですけど、稽古を通してたくさん克服して挽回できたので、きっとこの作品を観ていただければ、苦しいことがあっても「乗り越えて頑張ろう」という気持ちになっていただけると思います。素敵な明るい曲もあれば、しんみりした曲もありますので、全てを楽しんでいただけたらなと思います。僕たちの声をぜひ楽しみにしてください!

■染谷さん
見どころはもちろん「生で聴き、観る合唱(クワイア)」なんですけれども、そこに至るまでのストーリーも見どころで、笑いあり、涙ありの王道・青春・学園ストーリーとなっております! 絶対に観に来てくださった方に感動を与えられると思うので、ぜひ皆さま楽しみにしていただけたらと思います。

以上、会見コメントをお届けいたしました。

舞台『川越ボーイズ・シング』-喝采のクワイア-は、2024年6月22日~6月30日まで東京・シアターHにて上演中。6月30日公演ではライブ配信も予定されています。
ほか来場者特典・アフタートークイベントなどの公演詳細は、下記のInformationより公式サイトをご確認ください。

☆Information
【公演概要】

■舞台『川越ボーイズ・シング』-喝采のクワイア-
2024年6月22日(土)~6月30日(日) 東京・シアターH

<出演>
響 春男:染谷俊之

出井天使:今牧輝琉 矢沢ひろし:武本悠佑 白鳥修治:加藤 将 小橋快人:横山賀三
茨戸静男:桜庭大翔 足立 尽:手島章斗 日向 行:井阪郁巳 日向 進:磯野 亨
葉加瀬 友:高梨 怜 鈴木カーティス:ジョエル・ショウヘイ 森村 充:樫澤優太

クワイアーズ:喜久田大和 小山麗也 竹本太朗 成海 亮 細川陽平 米澤賢人

ピアノ:細貝 柊

<スタッフ>
原作:「川越ボーイズ・シング」(NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン合同会社)
演出:松崎史也
脚本:綾奈ゆにこ、元吉庸泰
舞台メインテーマ曲:YUKI KANESAKA

音楽:こおろぎ 歌唱指導:今泉りえ 振付:Kodai Harada 指揮指導:永原裕哉

技術監督:寅川英司 舞台監督:松澤紀昭 美術:青木拓也 照明:大波多秀起
音響効果:天野高志 音響:田中嘉人 衣裳:摩耶 ヘアメイク:松野亜莉沙 小道具:黒瀬有美
演出助手:小林賢祐 制作進行:杉田智彦

デザイン:TRMN 写真:藤城貴則

【チケット情報】
<チケット代金>
(全席指定/税込)11,000円
(注釈付き指定席/税込)11,000円
注釈付き指定席について:
※当日券およびリピーターチケットにてご購入いただけます。
※ステージ演出の一部が見えないもしくは見えづらい、音が聞こえづらい可能性のあるお席となります。

一般発売中
ローソンチケット https://l-tike.com/kbs-stage/
Lコード:35108

【チケット・受付方法に関するお問い合わせ】
ローソンチケットhttps://faq.l-tike.com/

【公演に関するお問い合わせ】
マーベラス ユーザーサポート https://www.marv.jp/support/st/
営業時間 10:00~17:00(土日祝日休業日を除く)
※営業時間外にいただいたお問い合わせは翌営業日以降のご返信となります。

《舞台HP・SNS》
公式HP https://www.marv.jp/special/kbs-stage/
公式X @stage_kbs
公式Instagram @stage_kbs_official
#舞台KBS #川越ボーイズ・シング

©舞台『川越ボーイズ・シング』製作委員会