立花裕大×長田光平が「恋人」のフリをしながら謎の失踪事件に迫る!CONTEMPORARY STAGE「ケイ×ヤク」開幕!ゲネプロ画像&キャストコメントをお届け

立花裕大さん&長田光平さんのW主演で贈るCONTEMPORARY STAGE「ケイ×ヤク」が、2023年7月13日より東京・Theater Mixaにて開幕しました。
原作は薫原好江氏が講談社マンガアプリ「Palcy」にて連載中の『ケイ×ヤク-あぶない相棒-』。
累計30万部(電子含む)を突破し、2022年1月に読売テレビ・日本テレビ系で連続ドラマが放送され、話題になった大人気コミックをW主演の立花裕大さんと長田光平さん、そして脚本・演出を務める川名幸宏氏のタッグで舞台化!
芝居×コンテンポラリーダンス×生演奏が織りなす、舞台だからこそ表現できる新たな世界観をお楽しみいただけます。

スマートボーイズでは、初日公演の前に行われたゲネプロ模様と、立花さん&長田さんの開幕コメントをお届けします!
【STORY】
3年前、未解決のまま突如幕引きされた失踪事件、通称「ジョーカー事案」。
警視庁公安部の捜査官、国下一狼(くにしたいちろう)は、事件で失踪した先輩を思い、捜査再開を訴え続けていた。しかし全く別の任務を命じられ、政治家相手に男娼まがいのことを行っているヤクザ、英 獅郎(はなぶさしろう)に接近し内偵と監視をすることに。
そして、ひょんなことから、獅郎が先輩捜査官の弟であることが発覚。謎の失踪を遂げた先輩を探したいとずっと思っていた一狼は、ひそかに獅郎と手を組み、二人で先輩の事件の謎を追う決意をする。上司の目を欺くため、「恋人」のフリをしつつ――

【ゲネプロショット】
国下一狼(くにした いちろう) 役/立花裕大さん
国下一狼という人物を演じられる喜びが日ごとに増していっています。
演者二人、ダンサー二人、演奏者二人。小さな平場のステージ。こんなにもシンプルな設定なのに、どこまでも世界観を広げていけるということにこの舞台の面白さが凝縮されていると思います。
全ての情熱を捧げたいと思います!
まさに舞台ならではの「ケイ×ヤク」になっていると思いますのでこの世界観を存分に楽しんで欲しいです!
英 獅郎(はなぶさ しろう) 役/長田光平さん
いよいよ初日を迎え、とてつもない緊張感の中にいます。
演出の川名さん、一狼役の裕大くんと日々熟考しながら作り上げた、CONTEMPORARY STAGE「ケイ×ヤク」。
1回1回の公演を大切にしながら英獅郎を演じたいと思います。
是非、劇場でお待ちしております。