小出恵介・須賀貴匡に太田将熙・織部典成ら出演、舞台「12人の淋しい親たち」が開幕!陪審制をテーマに繰り広げられる圧倒的現代劇、ゲネプロフォトレポートをUP

劇団時間制作第二十五回本公演「12人の淋しい親たち」が、2022年9月22日より東京・東京芸術劇場シアターウエストににて開幕を迎えました。
劇団時間制作は、人間が見て見ぬふりをしている現実、感情と向き合う作品をオリジナル脚本で上演している劇団。本作は近い将来、請求陪審制が実験的に日本を舞台に、そこへ集められた10人の親である陪審員が「3歳男児殺害事件」について話し合う物語で、劇団時間制作主宰の谷碧仁氏が脚本・演出を担当。

出演者は、陪審員役に小出恵介さん、須賀貴匡さん、ドロンズ石本さん、富田麻帆さん、太田将熙さん、田中真琴さん、佐瀬弘幸さん、橘 麦さん、杉本有美さん、佐々木道成さん(劇団時間制作)、夫役に織部典成さん、妻役に岡本夏美さんと豪華キャストが勢揃い。

スマートボーイズでは公演初日直前に行われたゲネプロの模様を、フォトレポートでお届けいたします。

【あらすじ】
近い将来、請求陪審制が実験的に日本で行われていた。そこへ集められた10人の親である陪審員が「3歳男児殺害事件」について話し合う。

各々のエゴは、小さな疑問を産み出し、大きな可能性に変化し、そしていつしか譲れない主張へと姿を変える。その主張は果たして正しいのか、間違っているのか、憶測か妄想か。

「他人事」であった事件は、いつしか「自分事」へ。

年齢も性別も環境も価値観も違う親たちの摩擦が織りなす圧倒的現代劇。

【舞台写真】
「12人の淋しい親たち」は、10月2日まで東京芸術劇場 シアターウエストにて上演されます。公演詳細についてはInformationより公式サイトをご確認ください。

☆Information
劇団時間制作第二十五回本公演「12人の淋しい親たち」
2022年9月22日(木)~10月2日(日) 東京芸術劇場 シアターウエスト

【出演】
陪審員長 ドロンズ石本
陪審員2号 佐々木道成
陪審員3号 小出恵介
陪審員4号 富田麻帆
陪審員5号 太田将熙
陪審員6号 田中真琴
陪審員7号 橘 麦
陪審員8号 須賀貴匡
陪審員9号 佐瀬弘幸
陪審員10号 杉本有美
夫 織部典成
妻 岡本夏美

【脚本】スタッフ
脚本・演出:谷碧仁
舞台監督:金安凌平
美術:向井登子
照明:南香織(LICHT-ER)
音響:佐藤こうじ(Sugar Sound)
演出助手:矢本翼子、千代麻央
音楽:三善雅己
衣装:小泉美都
ヘアメイク:美ヶ原美々
宣伝美術:圓岡淳
制作:MIMOZA

【チケット】(全席指定・税込)
前売:6,500円
割引日(23日13:00~、27日18:30~):5,500円
U-22割引日(24日13:00~、29日14:00~):3,500円
当日券:各+500円
カンフェティ
チケットぴあ

《公式サイト》
http://zikanseisaku.com/
《公式Twitter》
@zikanseisaku

推奨タグ→#12人の親