毎熊宏介・林明寛・岩佐祐樹・吉田翔吾らによるゲネプロ公演写真&意気込みコメントをUP!初演からさらにパワーアップした、舞台「観劇者(再)」が開幕!

昨年6月に上演され好評を博した舞台「観劇者」の再演となる舞台「観劇者(再)」が、5月4日に東京・池袋のシアターグリーンBIG TREE THEATERにて開幕しました。

今作は、東京のとある劇場にて上演する痛快活劇「UMA未確認生物が地球を救う」を観劇する10名の観劇者たちの、開場から終演後まで描く物語。彼らがどのような経緯でこの舞台を観劇することになったのか、どのような想いで予定を空け、チケットを買ったのかを俳優たちが最後まで観劇マナーを守って演じます。

脚本・演出は、前回に引き続き開沼 豊氏が担当。キャストは、外岡えりかさん、林 明寛さん、大滝 樹さん、岩佐祐樹さん、吉田翔吾さん、長戸勝彦さんが続投。新たに毎熊宏介さん、清水麻璃亜さん(AKB48)、伊藤あいみさん、井上 薫さん、安芸武司さんが加入。また前回出演した堀田竜成さん、わたなべかすみさん、斉藤レイさんが“VOICE CAST”として参加。さらに前回9人だった観劇者たちが、今回は10名となり、よりパワーアップしての再演となりました。

開幕直前に、公開ゲネプロ及びフォトセッションが行われ、出演者11名が今作への意気込みを語りました。
(左前列より)毎熊宏介さん、外岡えりかさん、林明寛さん、大滝樹さん、 岩佐祐樹さん (左後列より)清水麻璃亜さん(AKB48)、伊藤あいみさん、吉田翔吾さん、井上薫さん、長戸勝彦さん、安芸武司さん
毎熊 この舞台は一人一人にストーリーがあるように、観てくださった皆さんが新しい気持ちで一歩前に進めるような作品になっていますので、皆さんに伝えられるようにしっかり演じていきたいです。

外岡 私自身、この作品が大好きで、再演できること、そしてキャスト全員揃って初日を迎えられることが、とても嬉しく思っています。千秋楽まで無事に皆さんに物語をお届けできるように大切に大切にしたいと思っています。

林 僕は前回から引き続き出演しますが、前回ご覧になった方もさらにパワーアップして面白くなっていますし、今回からご覧になる方も絶対に楽しんで頂けるかと思います。この作品が今後上演するかどうかわかりませんですし、このメンバー全員が揃って出来ることは100%ないと思っていて、今日一日、明日一日、明後日一日しか観られない瞬間があるので、その瞬間を観に来ていただけたら有難いです。

大滝 素敵な物語で、素敵なキャラクターがいて、素敵なスタッフさんや共演者がいて、あとは誠心誠意楽しく役を全うすることだなと思いますので、本番を楽しみにしています。

岩佐 劇場に足を運んでいただく方は演劇が好きな方々だと思いますが、演劇が好きで劇場でやる意味がある作品だなと昨年から感じていて、その意義や大切にしていることを良いお客さんと寄り添える作品ですので、劇場全体で盛り上げていければと思います。

清水 私は再演からの参加になりますが、素敵な座組で、素敵なスタッフさんに囲まれて毎日稽古が出来てすごく楽しかったです。舞台上に一人でいることが多くて、贅沢でもありつつ、その分不安もありますし、本番はメチャメチャ緊張するなと思いますが、観に来てくれるお客様を演じるということで、一人でも多くの方に楽しんでもらえるように私自身も楽しみながら本番を迎えたいです。

伊藤 私は今回新キャラクターで参加させていただいています。前回よりも作品に深みが出せるように、観に来て下さる観劇者が少しでもこの舞台に共感することが増えるといいなと頑張っています。

吉田 前作よりもグレードアップした作品になっています。前回観に来てくださった方も、今回初めての方も、満足してもらえるようにしたいのと、役柄上僕は個人の戦いが多いので、自分一人との戦いでこの5日間、すごいところまでいければと思います。頑張ります。

井上 私は舞台本番直前で中止になる経験を2回味わいまして、本当に今日無事幕が開くことを心の底から感謝していますし、GWに皆さんが来て下さる時間を共有できることはかけがえのない瞬間だと思っています。自分の出来ることはわずかだと思いますが、一緒にいられることを良かったなと思っていただけるように、エネルギーを出し惜しみしない気持ちで頑張ります。

長戸 前回から引き続き演じさせていただきます。素敵な作品、そして素敵な役者たちとスタッフたちとこうして舞台を作れることが何よりも嬉しいです。そして観に来て下さったお客様が、一人でも多くの方が心に残るような作品をみんなで力を合わせて楽日まで頑張って作り続けます。

安芸 初演の時はお客さんとして観劇していました。長戸さんは僕の先輩でして、再演では縁があって長戸さんとのWキャストでやらせていただいて、ちょっとプレッシャーを感じています。長戸さんには長戸さんの勉像があると思いますし、僕は僕なりの勉を演じようと思っています。あとは妻役の井上さんにすべてを任せて頑張りたいと思います。

≪ゲネプロ写真≫(※一条勉役:長戸勝彦さん)
M列9番・高木蓮役の毎熊宏介さん
M列12番・松下彩夏役の外岡 えりかさん
M列5番・大澤亮太役の林明寛さん
M列6番・田淵舞役の大滝樹さん
M列13番・野間洋平役の岩佐祐樹さん
M列7番・林田未来役の清水麻璃亜さん(AKB48)
M列14番・山岡沙織役の伊藤あいみさん
M列8番・佐々木真役の吉田翔吾さん
(右)M列11番・一条かなえ役の井上薫さん (左)M列10番・一条勉役の長戸勝彦さん
≪あらすじ≫
東京のとある劇場の客席M列5番から14番に座る男女10人の観劇者たち。
娘を観に来た夫婦や、彼氏を観劇に連れてきた彼女。ずっと観たくて仕方なかった作品を初めて観劇する女や、観劇そのものが生き甲斐となっている男。劇場という空間に特別な想いがある女や、とある事情で少しでも早く終演して欲しいと願っている男。そして、劇場の前を通り掛って当日券で入った女と、主演を務めることになった友人を観に来た男。彼ら、彼女らはどのような経緯でこの舞台を観劇することになったのか。どのような想いで予定を空け、チケットを買ったのか。
この作品は、客席開場から終演するまで、ご観劇されるお客様を描く物語。
俳優が最後まで観劇マナーを守って演じます。

舞台「観劇者(再)」は5月8日まで上演。詳細はInformationから公式サイトをチェックしてください。

■吉田翔吾 出演動画はアプリで好評配信中↓■


☆Information

舞台「観劇者(再)」

【日程】2022年5月4日(水・祝)~8日(日) 全9公演
※開場は開演の45分前
【会場】シアターグリーン(池袋) BIG TREE THEATER (東京都豊島区南池袋2-20-4)

【脚本・演出】開沼豊

【出演】毎熊宏介 外岡えりか 林明寛 大滝樹 岩佐祐樹
清水麻璃亜(AKB48) 伊藤あいみ / 吉田翔吾 / 井上薫 長戸勝彦(Wキャスト) 安芸武司(Wキャスト)

【チケット料金】7,000円(全席指定/税込)
※当日券、当日引換券も同額
※当日券がご用意できる公演は、各回開演60分前から販売致します。

【当日引換券】
イープラス:https://eplus.jp/kangekisya/
チケットぴあ:https://w.pia.jp/t/kangekisha/ (Pコード:510-925)
ローソンチケット:https://l-tike.com/kangekisya/ (Lコード:31838)

【企画・主催】エーディープロジェクト/サンライズプロモーション東京
【制作】エーディープロジェクト
【お問合せ】サンライズプロモーション東京 0570-00-3337 (平日12:00~15:00)

≪公式サイト≫
https://www.kangekisha.jp/top
≪公式Twitter≫
@kangekisha2021

≪公式Instagram≫
Kangekisya_2022