西銘駿・飯島寛騎・醍醐虎汰朗・立石俊樹・ゆうたろう・板垣李光人・深澤大河が登場!2/11公開映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』完成記念トークイベントをUP

映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』完成記念トークイベントが2021年1月20日、都内にて行われ、「仮面ライダーゴースト」主演の西銘駿さん、「仮面ライダーエグゼイド」主演の飯島寛騎さん、演劇「ハイキュー!!」や舞台「弱虫ペダル」の醍醐虎汰朗さん、テレビ演劇『サクセス荘3』や『ミュージカル「黒執事」~寄宿学校の秘密~』で主演を務める立石俊樹さん、TVドラマ「30歳まで童貞だと魔法使いになれるらしい」や、2.5次元俳優によるYouTube「ぼくたちのあそびば」でお馴染みのゆうたろうさん、現在公開中の『約束のネバーランド』にも出演中の板垣李光人さん、舞台劇『からくりサーカス』の主演やTVアニメ「それだけがネック」で声優を務める深澤大河さんの若手俳優7名と、川野浩司監督が登壇しました。
(左より)板垣李光人さん、ゆうたろうさん、西銘駿さん、飯島寛騎さん、深澤大河さん、醍醐虎汰朗さん、立石俊樹さん。
※新型コロナウィルス感染症拡大による緊急事態宣言を受け、ご当選者様限定で、オンラインによる「完成記念トークイベント」の生配信の開催となりました。後日YouTubeにてイベントのダイジェスト映像を公開予定とのことです。

本作はオールナイトニッポンiにて配信中のwebラジオ番組「おしゃべや」のパーソナリティ10名がスタジオを飛び出し、神奈川・伊勢原市へ。過去に存在したラジオ局を自分たちの手で復活させるべく、奮闘する青春ストーリー。

本作の共感できることは?という司会者の質問に、西銘さんと飯島さんは、二人でラジオ番組のパーソナリティを務めており、「都道府県にふれる」ことをテーマに、実際にリスナー電話して、地方の視聴者の声を聴きながら進行している部分が映画と共通するとのこと。「普段つながれないところとつながれるので、楽しい」と述べました。
アクト役 西銘駿さん
ニガリ役 飯島寛騎さん
撮影の話に移り、ゆうたろうさんは「地元の方があたたかくて、僕ららしく楽しく撮影できたと思います」と感謝の気持ちを伝えました。
ディジェ役 ゆうたろうさん
川野監督は、10人も若手俳優集まるとテンションが上がって、修学旅行の引率の先生の気分だったと振り返って笑いを誘いますが、キャストが撮影の小道具として置いていたお菓子を、勝手に食べて怒られたエピソードを暴露されてしまいました(笑)。
川野浩司監督
醍醐さんは「仕事に行くというよりは、遊びに行く感覚でハッピーな現場だった」と楽しそうな様子が伝わってきます。
ジム役 醍醐虎汰朗さん
アドリブがポイントとなる本作、深澤さんは「二人ごとの部屋でのシーンで、真面目な役であるはずのコーシ役の橋本祥平さんがアドリブで素が出てはっちゃけている」と暴露(笑)。
マクロ役 深澤大河さん
西銘さんは川野監督から、撮影中アドリブの指示を受けて、アドリブを連発していたそうですが、川野監督は「だいぶスベっていて半分は却下しました(笑)」と、話し笑いを誘いました。

板垣さんは、動画配信者の役なので、登山する道中でずっと動画を回していたのに、使われたのが数十秒で悔しかったと思わず本音が。
セルガ役 板垣李光人さん
裏話として、立石さんがキャストメンバーを「かわいい、かわいい」と言っていたので、現場で“オネェ”いじりをされていたことを暴露され、思わず照れる場面も。
バントー役 立石俊樹さん
また事前にファンの方から質問を募集しており、「1番NGを多く出した人は誰ですか?」という質問に、西銘さん以外の6名が西銘さんを指名し、川野監督も西銘さんを会場は笑いに包まれました。理由は「(アドリブも含め)沢山チャレンジをしてくれたから」とのことでした。
登壇しているキャストの中で、西銘さんのみ、田中真弓さんとの共演シーンがあったとのことで、田中さんからONE PIECEのモンキー・D・ルフィの声で「西銘!お前は俺の仲間だ」と言われたエピソードを披露し盛り上がりました。
イベントの締めくくりには、キャスト7人からコメントも寄せられ、

醍醐さん「ロケ地がすごく自然に囲まれて、素敵な場所で、観ているだけでもいい画なので、コロナが落ち着いたら伊勢原に遊びに行って欲しいです」
立石さん「改めて、90年代の曲とかにも触れる機会があって、前の世代の方と繋がれたなと思います。映画はくすっと笑えたり、心に届くものですので、ぜひ劇場に足を運んでください。よろしくお願いします」
板垣さん「つながるというものが、途切れざるをえない状況ですが、改めてつながるということの大切さ、温かさはこの映画から感じて頂けるのではないかなと思っています。1つの希望のようなものだと思って観て頂ければ嬉しいです。僕と、ゆうたろうくんの可愛らしさにも癒やされていただければと思います」
ゆうたろうさん「ラジオがテーマの映画なんですけど、人の繋がりの大切さを感じさせられる作品です。コロナ禍の前に撮影しましたけど、この時期だから見る価値がある映画だと思います。劇場にお越しくださいと大きな声で言えませんが、温かい気持ちになって帰ってもらえればなと思います」
深澤さん「この映画は肩の力を抜いてぜひ観て頂きたいなと思います。ほほ笑ましいシーンがたくさん詰まっているので、この映画を観て笑って免疫力を高めて頂ければなと思います」
飯島さん「青春って、みなさんが想像しているのは10代だと思いますけど、僕はそうは思わなくて、20代もそうですし、30代、40代、50代で生まれる青春もあると思います。観る世代によって感じ方が違うんじゃないかなと思いますが、いろんな楽しみ方があるので、お時間あるときに立ち寄ってもらえたら。以上、『本当の可愛い担当』飯島寛騎でした!」
西銘さん「コロナ前に撮影をして、本当に上映されるのかと不安だったんです。でもスタッフさんやキャストさんのおかげで公開できます。元気をすごく与えられる作品になっていると思うので、2月11を期待して待っていてください」と、話しイベントを締め括りました。
映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』は2月11日より公開予定。詳しくはInformationをチェックしてください。

©️2021「雨降ラジオ製作委員会」


☆Information
映画『ツナガレラジオ~僕らの雨降Days~』
2021年2月11日(木・祝)公開

【ストーリー】
「ラジオしか勝たん!!」
10名の“ワケアリ”男子が共同生活開始―?!
あなたの声、僕たちが届けます!
夢に破れた10名の若者が自分自身を取り戻すべく、“雨降山”へ集う。
ラジオにかける彼らの思いは、人々を「ツナグ」ことができるのか―!?
往年のJ-POPヒット楽曲カバーに乗せ、彼らの共同生活が今、始まる―。

【キャスト】
アクト:西銘駿
ニガリ:飯島寛騎
クッパ:阿久津仁愛
ミュート:井阪郁巳
コーシ:橋本祥平
マクロ:深澤大河
ディジェ:ゆうたろう
セルガ:板垣李光人
バントー:立石俊樹
ジム:醍醐虎汰朗

田中真弓(特別出演)
イッセー尾形

【スタッフ】
監督:川野浩司
脚本:藤咲淳一
音楽:成田 旬
配給:ローソンエンタテインメント
制作:ポニーキャニオン
制作プロダクション:ブースタープロジェクト

《公式サイト》
https://afuriradio.jp

《公式Twitter》
@oshabeya