竈門炭治郎役・小林亮太「演劇の力を信じて、座組み全員、稽古に励んできました」舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆が開幕!矢崎広扮する煉獄杏寿郎ら、鬼殺隊最強の”柱”も集結したゲネプロ撮り下ろし写真&キャストコメントUP

吾峠呼世晴氏による大ヒット漫画『鬼滅の刃』の舞台化公演 第二弾となる舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆が、2021年8月7日に天王洲 銀河劇場にて開幕を迎えました。
今作では小林亮太さんが演じる主人公・竈門炭治郎らが所属する鬼殺隊最強の剣士”柱”がついに集結! 煉獄杏寿郎役に矢崎 広さん、胡蝶しのぶ役に門山葉子さん、累役に阿久津仁愛さん、産屋敷耀哉役に廣瀬智紀さんら、新キャストも加わった公演よりゲネプロでの舞台写真をお届けいたします。
待望の新作公演が開幕、ついに鬼殺隊最強の剣士“柱”が舞台上に集結!
『鬼滅の刃』とは、「週刊少年ジャンプ」にて 2016 年 11 号より連載が開始された、吾峠呼世晴氏による漫画作品。人と鬼との切ない物語に鬼気迫る剣戟、時折コミカルに描かれるキャラクターたちが人気を呼び、単行本1巻~23巻で累計発行部数は1億5000万部を突破! TVアニメ化に続き、劇場版「鬼滅の刃」無限列車編も大ヒットを記録しました。

この『鬼滅の刃』の舞台化作品である舞台「鬼滅の刃」は、昨年1月に東京・兵庫にて初演が上演され、剣戟アクションや世界観に寄り添う音楽が話題を呼び、大好評のうちに閉幕。
そして、その待望の続編となる舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆では、注目の新キャラクター、新キャストも登場!

初演に引き続き、脚本・演出を末満健一氏、音楽を和田俊輔氏が手がけ、竈門炭治郎(かまどたんじろう)役の小林亮太さん、竈門禰豆子(かまどねずこ)役の髙石あかりさん、我妻善逸(あがつまぜんいつ)役の植田圭輔さん、嘴平伊之助(はしびらいのすけ)役の佐藤祐吾さん、冨岡義勇(とみおかぎゆう)役の本田礼生さん、鬼舞辻無惨(きぶつじむざん)役の佐々木喜英さんが出演。

さらに今作より、鬼殺隊最強の剣士”柱”がついに全員集結! 煉獄杏寿郎(れんごくきょうじゅろう)役の矢崎 広さん、宇髄天元(うずいてんげん)役の辻 凌志朗さん、時透無一郎(ときとうむいちろう)役の奥田夢叶さん、胡蝶(こちょう)しのぶ役の門山葉子さん、甘露寺蜜璃(かんろじみつり)役の川崎愛香里さん、伊黒小芭内(いぐろおばない)役の宮本弘佑さん、不死川実弥(しなずがわさねみ)役の前田隆太朗さん、悲鳴嶼行冥(ひめじまきょうめい)役のチャンヘさんが新たに登場しました。
さらに累(るい)役の阿久津仁愛さん、栗花落(つゆり)カナヲ役の内田未来さん、産屋敷耀哉(うぶやしきかがや)役の廣瀬智紀さんら、豪華実力派出演者陣が顔を揃えました。

【舞台写真】

鬼殺隊の竈門炭治郎(右)と嘴平伊之助(左)は、新たな任務を受け那田蜘蛛山に入るが……
炭治郎たちとは別れて行動していた、我妻善逸にも危機が!?
山中では、累(右端)を中心に家族と称する蜘蛛鬼たちが待ち受けていた
家族にこだわる累は、鬼となった妹・竈門禰豆子(左)と炭治郎の深い絆を目撃する
戦いが激化する中、炭治郎らを追って冨岡義勇(右)、胡蝶しのぶ(左)も山に入るが……
鬼の妹を連れていた炭治郎は、煉獄杏寿郎(手前)ら鬼殺隊の“柱”が揃う場へ連行され……
鬼殺隊当主の産屋敷耀哉を前に、柱の面々は禰豆子の処遇を決めることに
戦いで負傷した3人は、しのぶの蝶屋敷で回復までの時を過ごす
炭治郎の仇敵である鬼、鬼舞辻無惨が率いる十二鬼月の力とは?
■開幕コメント
□脚本・演出:末満健一 さん
那田蜘蛛山での死闘から幕を開ける本作は、冒頭からクライマックスの連続。
息もつかせぬ展開の中心軸となるのは、竈門炭治郎の愚直なまでの真っすぐさです。
いろんなものが捻じ曲がってしまったこの時代だからこそ、彼の真っすぐな心が人の胸を打つのではないかと思います。
そして、真夏の稽古場で感染予防対策のマスクが欠かせない中、ポジティブなエネルギーを絶やすことなく作品づくりに没頭してくれたキャストとスタッフ。
みんなの《舞台「鬼滅の刃」をお客さんに届けるんだ!》という真っすぐな熱意もまた、本作の大きな推進力でした。
なにもかもが、どうか届きますように。

□竈門炭治郎役:小林亮太さん
昨年の初演から一年半、ここまで来ることが出来て本当に感謝しています。
演劇の力を信じて、座組み全員、稽古に励んできました。原作の印象深い場面の稽古には、心が躍る日々でした。
物語がもつ力と、舞台ならではの魅力が交わった今作になっていると思います。
竈門炭治郎として舞台に立たせていただくことが、誰かの明日への糧になるよう、一公演一公演を大切に演じます。
舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆。何卒、応援よろしくお願いします。

□竈門禰豆子役:髙石あかりさん
今作は、様々な形の絆が”糸”によりその瞬間へと手繰り寄せられ、知らない絆の形に触れることで、自身の信じる絆の形を
ぶつけ合い、そして、また新たに絆が生まれ、その先の未来に繋がる絆の糸端が舞台を漂い舞う作品です。
兄である炭治郎との絆をより深め、大切に演じて行けたらと思います。
新たな章への幕開けを、是非、見守っていただけたら嬉しいです。

□冨岡義勇役:本田礼生さん
前作に引き続き、冨岡義勇を演じられることをとても嬉しく思います。
たくさんの方々に愛されている作品に関わられること、しっかり責任を持って臨みたいと思っております。
今作は全てが見どころです。
立て続けに見どころが来る勢いのある作品になっていまして、たくさんのエンターテインメントが詰まった作品になっていると思います。
個人的には、やはり柱の集結シーンは思い入れがあります。
ぜひ、そこも注目していただいて、 『 鬼滅の刃 』 の世界を楽しんでいただけるよう精一杯演じていきたいと思います。

□胡蝶しのぶ役:門山葉子さん
初日を迎え舞台「鬼滅の刃」其ノ弐
絆 を皆様にお届け出来ること、本当に嬉しく思います。
本作のテーマである「絆」、その大切さ、尊さを物語を通して炭治郎たちが改めて教えてくれているように感じます。
舞台をご覧くださる皆様に少しでもパワーを届けられるよう、千秋楽まで努めてまいります。
また、 本作では鬼殺隊の「柱」が全員集結します。柱の登場シーンにもぜひご注目ください。

□累役:阿久津仁愛さん
遂に舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆が開幕します!!
改めてとても大好きな作品に携われること本当に光栄です。
今回は柱が集結しますし、キャラ一人一人に注目して観ていただけたらとても嬉しいです!
劇場にお越しいただく方、配信をご覧いただく方に、『鬼滅の刃』の魅力 、そして舞台の熱量をお届けできるように精一杯頑張ります。

【出演】
竈門炭治郎 小林亮太
竈門禰豆子 髙石あかり/

我妻善逸 植田圭輔
嘴平伊之助 佐藤祐吾/

冨岡義勇 本田礼生
煉獄杏寿郎 矢崎 広
宇髄天元 辻 凌志朗
時透無一郎 奥田夢叶
胡蝶しのぶ 門山葉子
甘露寺蜜璃 川崎愛香里
伊黒小芭内 宮本弘佑
不死川実弥 前田隆太朗
悲鳴嶼行冥 チャンヘ
栗花落カナヲ 内田未来/

累 阿久津仁愛/

産屋敷耀哉 廣瀬智紀/

鬼舞辻無惨 佐々木喜英

ほか

【物語】
時は大正、日本。
炭を売る心優しき少年・炭治郎は、
ある日鬼に家族を皆殺しにされてしまう。
さらに唯一生き残った妹の禰豆子は、鬼に変貌してしまった。
絶望的な現実に打ちのめされる炭治郎だったが、
妹を人間に戻し、家族を殺した鬼を討つため、
“鬼狩り”の道へ進む決意をする。

鬼殺隊となった炭治郎は新たな任務で
同期の我妻善逸や嘴平伊之助と共に那田蜘蛛山へと向かうが、
山に潜む不気味な鬼の集団によって、
鬼殺隊は壊滅状態に陥っていた…
本来は群れないはずの鬼たちが、お互いを家族という、異質な蜘蛛鬼一家。
現れる十二鬼月。
圧倒的脅威を前に追い詰められる一行…
はたして炭治郎たちは窮地を脱することができるのか―

そして、ついに動き出す鬼殺隊最強の剣士”柱”たち。
その目的は!?
炭治郎と禰豆子に更なる試練が訪れる。

新たなる脅威、紡がれる絆、集う柱…
鬼狩りの剣士たちの戦いは次なる舞台に―

舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆は、東京公演が2021年8月7日~15日まで天王洲 銀河劇場にて上演中、続いて大阪公演、東京凱旋公演が上演となります。
また本作は、DMM.comでのライブ配信、全国46館の映画館でのライブ・ビューイングも実施! 各公演、ライブ配信、ライブ・ビューイングに関する詳細は、下記のInformationから公式サイトをご確認ください。

※禰豆子の「禰」は「ネ(しめすへん)」、煉獄の「煉」のつくりは「東」、鬼舞辻の「辻」は「一点しんにょう」が正式表記となります。

©吾峠呼世晴/集英社
©舞台「鬼滅の刃」製作委員会

☆Information

【公演概要】
■舞台「鬼滅の刃」其ノ弐 絆

公演期間・劇場
東京:2021年8月7日(土)~8月15日(日)天王洲 銀河劇場
大阪:2021年8月20日(金)~8月22日(日)梅田芸術劇場 メインホール
東京凱旋:2021年8月27日(金)~8月31日(火)TACHIKAWA STAGE GARDEN

原作:『鬼滅の刃』吾峠呼世晴(集英社ジャンプ コミックス刊)
脚本・演出:末満健一
音楽:和田俊輔

出演:
竈門炭治郎 小林亮太
竈門禰豆子 髙石あかり/

我妻善逸 植田圭輔
嘴平伊之助 佐藤祐吾/

冨岡義勇 本田礼生
煉獄杏寿郎 矢崎 広
宇髄天元 辻 凌志朗
時透無一郎 奥田夢叶
胡蝶しのぶ 門山葉子
甘露寺蜜璃 川崎愛香里
伊黒小芭内 宮本弘佑
不死川実弥 前田隆太朗
悲鳴嶼行冥 チャンヘ
栗花落カナヲ 内田未来/

累 阿久津仁愛/

産屋敷耀哉 廣瀬智紀/

鬼舞辻無惨 佐々木喜英

アンサンブル
掛川僚太
髙原華乃
夛田将秀
丹下真寿美
千葉雅大
鳥居留圭
遥 りさ
星 賢太
本間汐莉
牧浦乙葵

※禰豆子の「禰」は「ネ(しめすへん)」、煉獄の「煉」のつくりは「東」、鬼舞辻の「辻」は「一点しんにょう」が正式表記となります。

監修:集英社(「週刊少年ジャンプ」編集部)
協力:一般社団法人 日本2.5次元ミュージカル協会
協賛:ローソンチケット
主催:舞台「鬼滅の刃」製作委員会

【ライブ配信】
配信サイト:DMM.com
配信日時:
・東京公演
8月7日(土)11:30/17:00
8月8日(日)11:30/17:00 ※8月8日(日)11:30公演は全景映像となります。
・東京凱旋公演(千秋楽)
8月31日(火)11:30/17:00
販売価格:各公演 3,040円 ※Go Toイベント対象価格(通常価格3,800円から20%OFF)

詳細はこちら https://kimetsu.com/stage/live/

【ライブ・ビューイング】
映画館:全国46館
上映日時:
・東京凱旋公演8月31日(火)17:00開演
チケット料金:3,800円(税込/全席指定)

詳細はこちら https://liveviewing.jp/kimetsu-stg2/

≪公式サイト≫
https://kimetsu.com/stage/
≪公式Twitter≫
@kimetsu_stage