立石俊樹「大満足の写真集になりました」2nd写真集「Vidoro」発売記念イベントが開催、自分も少し大人になったと振り返るオフィシャル会見レポートをUP

俳優・立石俊樹さんの2nd写真集「Vidoro」発売記念イベントが、2022年9月10日の東京・SHIBUYA TSUTAYAにて開催。イベント開始前に行われた記者会見のオフィシャルレポートが到着しましたので、ご紹介します。

立石さんはミュージカル『テニスの王子様』で俳優デビュー以降、MANKAI STAGE『A3!』やミュージカル「黒執事」~寄宿学校の秘密~など人気2.5次元作品に出演。近年ではミュージカル『ロミオ&ジュリエット』でティボルト役を務め、注目を集めています。

2nd写真集「Vidoro」では、立石さんが、レトロな異国情緒があふれる長崎に初上陸し、美しく重厚感のある写真の数々を収めた一冊となっているそう。
立石俊樹さん
【オフィシャルレポート】
会見に登場した立石は、出来上がった写真集を自身で手に取った感想として、「大満足の写真集になりました。前回の1st写真集を出してから2年程しか経っていないのですが、前回のものとは全く印象の違うものができ、自分も少し大人になったんだなと、客観的に感じる写真集でもありました。」と語り、見どころについては、「一枚一枚、どんな写真が来るのだろうとワクワクしながら、ページをめくれる写真集になったんじゃないかなと思っています。どの写真も映画のワンシーンのような力のあるものばかりになっていると思うので、是非、たくさん繰り返し見てもらえたら嬉しいです。」と続けた。
撮影が行われた長崎で印象深かった出来事については、「浮島に行ったんですけど、久しぶりの船が怖かったというのと、初めて現地で食べた長崎ちゃんぽんがすごく美味しかった」と話し、異国情緒溢れる長崎での旅を心から楽しんでいた様子が伺えた。
お気に入りのカットには、霧がかる自然の中で佇んでいるカットをあげ、「僕は自然が好きなんですが、この写真は自然の霧の感じがとてもよく現れているところがすごく気に入っています。撮影場所にかかった霧は、どこか撮影をした雲仙という場所が歓迎をしてくれているような感じもあり、天候とも絶妙にマッチして幻想的な写真が撮れました」と、写真への愛を語ってくれた。
ミュージカル『エリザベート』やミュージカル『太平洋序曲』への出演も控えるなど、役者としての活躍を続ける立石だが、これからどんな俳優になりたいかという質問には、「今活動をしているミュージカルや、2.5次元系の作品、ドラマや歌手活動などは、全て自分がやりたかった活動なので全てやり続けたい」としながら、具体的には、3つあると答えた。
「1つ目は、カンパニーやその作品ごとで、引っ張っていける存在になりたいなと思っています。 例えば、今抱えているミュージカル『エリザベート』だと、まだ引っ張っていってもらっているような立場にあるように思うこともあるので、いつか胸を張ってこの作品を自分が引っ張っていると言えるような安心感のある存在になりたいと思います。2つ目は、表現方法として、引き出しを増やし続けたいです。今まで、怒りの演技や挙動不審の演技、さらに弟キャラのようなものだったりと、様々な役をやらせていただいてきたのですが、そういう引き出しをこれからももっと増やして、色んな作品を皆さんに届けていきたいと思います。3つ目は、お客さんからこの役は僕しかできないなと感じてもらえるような自分にしか出来ない役を演じたいと思っています。そういった役に出会うのは、運やチャンスというものがあるのかも知れないですが、そういう役に巡りあえた時にそれをいかに自分がものにして届けられるかということを考えていて、そんな印象に残るような俳優になりたいなと思います。」と自分の言葉で丁寧に教えてくれた。
写真集の中でもページごとに様々な表情を見せている立石だが、そんな表現方法の引き出しを増やすために普段から心がけていることに話がおよぶと、「とにかく普段、“自分が心地いいこと”をたくさんするように心がけています。自分が気に入った美味しい食べ物を食べたり、本当に食べたいものは自分で作れるようにしたりと。後は、自分が、自信を持てるようなことを日々、やっています。今だったら、週3、4日くらいは、水泳に行ったりしています。そういう自分を高めるようなことを心がけていますね。また、様々な人の人生を想像するようにもしています。あの人は、このくらいの時間に起きて、こういう生活をしているんじゃないかなというような想像をして人を知っておくということも役作りにとって大事なことだと思うので、そういうことを普段から心がけ、考えるようにしていますね。」と明かした。
また「写真集に点数をつけるなら?」という質問が飛ぶと、「今、できることを全部やったので70点ぐらいですかね」と少し厳し目に回答。けれど足りない30点の理由を尋ねられると、しばらく考えた後に「マイナスが見つからない(笑)」と呟き、「厳しいことを言うと、70点なのかもしれないですけど、僕は、人に褒められた方が調子に乗ってうまくいくタイプなので、今後も頑張っていくっていう意味も込めてやっぱり満点にします!」と点数の変更を宣言し、会場の笑いを誘った。
今年も残すところ後3ヶ月と少しということで、これまでの時間を振り返ってみてどうかと訊かれると、「あっという間といえば、あっという間だったんですよ。だけど、長かったといえばそのような気もしていて、作品ごとに濃い時間を過ごしているなと思います。また、去年に乗り越えたものが、今年はだんだんと活きてきたというようにも思います。それは作品や、一つ一つのイベントや配信などの中で、細かいようだけれど、去年よりも自分でアップデートができているなと実感するものが多く、それを大事にしながらお届けできているのかなと思います。ただそれで、また完成するわけではなくて、新しく吸収もしつつやってきました」と振り返った。
最後に、そんなアップデートされた今の自分を一言で表すならと振られると、大声で「いい!」と返した。 「シンプルに良いという感じなんです! ご飯を食べて、あれがこうだからこういう味がするよねという分析ができる美味しさではなくて、シンプルに『うまい!』みたいな。見た時、瞬間的に『いい!』と思える自分になれているなと思います。そんなどこかやみつきになるような良さが出せていればいいですね。」と締めくくった。
会見では今の感情を、飾ることなく自らの言葉で、リラックスして口にする彼の姿からは、そんな仕事の充実ぶりも感じられた。説明入らずで、見ればすぐに「いい!」とわかる、立石俊樹の今後から目が離せない。
立石俊樹2nd写真集「Vidoro」通常版表紙
立石俊樹2nd写真集「Vidoro」Amazon限定版表紙
立石俊樹2nd写真集「Vidoro」は現在好評発売中。詳細はInformationからTOKYO NEWS magazine&mookの公式サイトをチェックしてください。


☆Information
立石俊樹2nd写真集「Vidoro」

発売日:2022年9月1日(木) <好評発売中>
定価 :3,300円
撮影:MARCO
発行:東京ニュース通信社
全国の書店、ネット書店にてご予約いただけます。

≪TOKYO NEWS magazine&mook公式サイト≫
https://zasshi.tv/

≪公式Twitter≫
https://twitter.com/TVguidePERSON